千葉県柏市高柳I様邸 瓦棒屋根のカバー工法

屋根リフォーム概要

屋根カバー ビフォーアフター

before1
柏市I様邸 ビフォー

vertical1
after1
柏市I様邸 アフター
千葉県柏市高柳I様は、数年前に瓦棒屋根に葺き替えたのち塗装をおこないましたが、塗膜が剥がれてきて庭に落下していることに気が付き、屋根診断のお問い合わせを頂きました。
塗装とカバー工法2種で見積りご提案いたしましたが、長期的に安心できるカバー工法をご選択いただきました。
築年数
35年
坪数
25年
施工範囲
【屋根改修(カバー工法)】
既存役物撤去
新規瓦棒屋根カバー工法
軒先唐草・木材交換
棟下地木材設置
棟板金設置
板金端末及び釘頭 防水コーキング処理
屋根カバー JFE鋼板 極みMAX 塗膜保証15年
柏市I様邸 屋根改修

柏市I様邸 屋根改修

軒先の木材は雨水が浸みて腐食していたので交換し、唐草も新しいものに交換します。
柏市I様邸 屋根改修

柏市I様邸 屋根改修

金属屋根同士の間は湿気が発生するため、透湿防水シートを貼り、新規屋根材を重ねて取り付けていきます。
柏市I様邸 屋根改修

柏市I様邸 屋根改修

棟下地の木材を設置し、棟を被せます。
柏市I様邸 屋根改修
板金のジョイント部分と釘頭に防水処理としてコーキングを打ちます。

お客様より

前回の塗装は知り合いの大工さんに依頼したのですが、下塗りなしのぶっつけの一回塗りの塗装。密着不良で剥がれが生じ、相談しても来てくれませんでした。
塗装すれば大丈夫と他の業者にも言われたのですが、本当に大丈夫なのか心配でHPからシャインさんに問い合わせをしました。
屋根登って調べてくれたのはシャインさんだけでした。

下塗り(錆止め)も塗布されていないため今回塗装することが不安だったため(全ての塗膜を除去することは不可能ですし、現実的ではない)
当初の予算より上がってしまいましたが、当分リフォームしなくてすむカバー工法でお願いしました。