茨城県つくば市 S様邸 ディプロマット カバー工法

53630e34ce4feaf12bf841204b71178f
before1
茨城県つくば市 S様邸 施工前
ニチハさんのパミールという建材です。
horizontal1
after1
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム 施工後
D's roofingのDiplomatです。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム1
茨城県 つくば市 S様邸の施工事例となります。
Dee TradingさんのD's Roofing Diplomat (ディプロマット)によるカバー工法 (重ね葺き)の施工事例です。
 
S様は、屋根の「層間剥離」と言われるこの現象を以前から気にしており、弊社で調査する運びとなりました。ご近隣で弊社の塗装工事を実施されていたI様のお知り合いという事で依頼を受けるに至りました。

ビフォーの画像当たりで分った方は鋭い!そうです。最近かなり問題になっている建材です。インターネット等で検索するとまあ色々な意見が出ております。弊社のHPでも塗装出来ない屋根材として取り扱っております。

塗装出来るという無責任な業者もいるようですが、確かに塗装は出来ます。但し、表面に塗装してもこの屋根材は意味が無いのです。写真でも分るとおり、層間が剥離しますから、一番上の層が剥離すると塗装は無意味になります。これに塗装をして1年で元から剥がれ、無償で葺き替え工事をしたという業者を知っております。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム2
色々書きたい事(メーカーの対応やメーカーの対応、あとはメーカーの対応等)はあるのですが・・・(自粛)
施工事例に写りましょう!

先ず、既存の棟板金を外していきます。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム3
その後下地の木材も撤去致します。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム4
既存の棟の撤去が終わったら、ルーフィング (防水シート) を敷きます。弊社では単なるゴムアスルーフィングではなく、粘着式の改質アスファルトルーフィングをお勧めしております。ルーフィングは防水の要ですからいいものを使った方がいいです。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム5
ルーフィングが敷き終わったら、軒先やケラバ(屋根の端っこ)、棟に専用の役物(部材)を取り付けていきます。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム6
役物を付け終わったら、本体を葺きあげていきます。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム7
葺き上がるとこのような感じになります。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム8
最後に棟を取り付けていきます。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム9
今回は換気棟も取付けさせて頂きました。こちらが下地を造っている様子です。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム10
ディプロマットの換気棟の下地材であるリッチベンツという専用部材です。それを取り付けます。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム11
その後下地木材を打ち込みます。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム12
その後棟を被せて完了です。
茨城県つくば市 S様邸 屋根リフォーム13
屋根工事完了後です。
屋根材は、メーカー30年保証の屋根材 D's roofingのDiplomatです。こちらの色は 「カフェ」 です。
汚れや色褪せが目立ちにくい為、お勧めです。
ディプロマットの場合長く使用する事になるわけですから、長期的な視野に立って色も決めたいですね。