千葉市 結露により凍害が発生したサイディング外壁の塗装

千葉県千葉市 S様 外壁塗装・屋根塗装工事概要

ビフォーアフター

before1
2014cs01
vertical1
after1
2014cs02
千葉県千葉市のS様より定期メンテナンスのご依頼がありました。
お調べしたところ、外壁は凍害が発生しており、特に窓周辺の塗膜が剥がれていました。屋根はコケが繁殖していましたが、高圧洗浄で落ちる程度で屋根は比較的良い状態でした。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 DANシリコンセラ
色番:ND-491
8年
屋根塗装工事 ファインシリコンベスト
色番:チョコレート
5年
付帯塗装工事 ファインシリコンフレッシュ
色番:ND-155
3年

外壁補修・塗装

before1
2014cs03
horizontal1
after1
2014cs04
外壁は高圧洗浄、補修、下塗りが終わった後に、DANシリコンセラで上塗りをしました。
凍害が激しかった窓には、塗装後結露した水が外壁に伝わらないよう、雨筋ストッパーを取り付けました。

2014cs04
設置前
2014cs05
設置後

屋根補修・塗装工事

2014cs06
棟板金コーキング
2014cs07
釘頭コーキング
棟板金のコーキングが経年劣化で剥落していたので、新しくコーキング材を充填します。
棟板金部分は釘が飛び出していました。釘が浮いた状態で放置してしまうと、台風など強い風の日や地震などで棟板金が落下してしまう可能性があり大変危険です。ですので、釘はしっかり打ち込みます。
釘頭には、コーキングを盛り付ける事により経年による抜けの防止や、微細な雨水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にコーキング処理を行いました。

before1
2014cs08
horizontal1
after1
2014cs09
屋根は高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とします。下塗りは、屋根材が下塗り材を吸い込むのが止まるまで下塗り材を塗布し続け、表面に接着剤が出てきたのを確認してから次の塗装をします。今回は仕上げにファインシリコントベストを使用しました。

付帯塗装

before1
2014cs10
horizontal1
after1
2014cs11
木製の破風版は塗膜が剥がれ落ち、下地の木部が露出している状態でした。このままですと、吸水して腐食が進行してしまいます。塗装をする際は、劣化した塗膜を丁寧に除去してから塗装をします。

before1
2014cs12
horizontal1
after1
2014cs13
プラスチック製の換気フードカバーは劣化が激しく、補修ができない状態でしたので新しいものと交換しました。

完成

2014cs02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県千葉市のS様、今回の屋根リフォームと外壁塗装では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。