八街市 凍害したサイディングの張替えと塗り替え

千葉県八街市 Y様 外壁塗装・屋根塗装概要

ビフォーアフター

before1
2017ny01
vertical1
after1
2017ny02
千葉県八街市のY様より、外壁についてのご相談がありました。お調べしたところ、外壁のサイディングは直張りではなく、通気工法で施工されていました。しかし、サイディング目地コーキングの破断箇所から雨水が侵入し、凍害が発生しておりました。そのため、外壁のサイディングが吸水しボロボロになっておりました。

屋根の一部は棟板金が正しく設置されておらず、また棟板金の端の巴折りがはずれておりました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 パーフェクトトップ
色番:調色
8年
付帯塗装工事 ファインパーフェクトトップ
色番:ブラック
3年(木部除く)
屋根塗装工事 ファインパーフェクトベスト
色番:ダークチョコレート
8年
目地シール打替工事 サンライズNB-50
色番:ダークブラウン
5年

外壁補修・塗装

2017ny03
コーキングが正しく施工されていない事が原因で、凍害がコーナー部や目地部の近くで発生していました。
コーナー部は基本的に通気胴縁によって密閉された造りとなる為、湿気が逃げづらく、通気工法でもこのような凍害が発生してしまいます。コーナー部がここまで傷んでいると、補修塗装では長く持たない可能性が高く、常に湿気を含んだ状態であったと考えられる為、木材である通気胴縁が腐食している可能性があります。そのため、コーナー部の交換をすることにしました。

2017ny04
2017ny05
ボロボロになったコーナー部のサイディングを撤去します。

2017ny06
2017ny07
サイディングを撤去した後は、下地の木材を設置します。木材を設置した後は新しく板金を設置します。

before1
2017ny08
horizontal1
after1
2017ny10
水回りの窓のモルタルで補修している箇所は、新築施工時のミスで湿気の逃げ道がなくなりサイディング外壁がかなり吸水しており、かなり凍害が進んでいました。このまま塗装をしても再発するため、周りと柄が変わってしまいますがサイディングを一部張り替えることにしました。

2017ny11
欠けたサイディング
2017ny12
パテで補修

2017ny13
割れたサイディング
2017ny14
パテで補修

破損しているサイディングをパテで補修します。

before1
2017ny15
horizontal1
after1
2017ny16
外壁は高圧洗浄、補修、下塗りが終わった後に、パーフェクトトップで上塗りをしました。

→パーフェクトトップの詳細はこちら

屋根補修・塗装

2017ny17
めくれた棟板金
2017ny18
補修後

before1
2017ny19
horizontal1
after1
2017ny20
屋根は、塗膜が剥がれた屋根材のセメント素地が露出し真っ白になっていました。屋根材が下塗り材を吸収してしまうので、塗れ感が出るまで下塗り材を塗布します。しっかり下塗り材が塗装できた後は、中塗り、上塗りを塗装します。今回は上塗りにファインパーフェクトベストを使用しました。

付帯塗装

2017ny21
ポスト
2017ny22
破風板

完成

2017ny02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県八街市のY様、今回の屋根リフォームと外壁塗装では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。