茨城県 つくば市 S様 スーパーガルテクトによる屋根リフォームと外壁ダイヤモンドコート塗装

外壁塗装・屋根補修概要

ビフォーアフター

before1
18041901
vertical1
after1
18041902
サンルームが素敵なお家の茨城県つくば市のS様より、屋根についてのご相談がありました。
S様は屋根材の材質にとてもお詳しく、屋根材はガルバリウム鋼板のものを希望しておられました。
屋根だけではなく、外壁はシーリングが界面剥離を起こしておりましたので、打ち直しをいたしました。外壁はダイヤモンドコートを塗装させていただきました。


施工範囲と保証期間

施工範囲
【外壁塗装】
日本ペイント ダイヤモンドコートプレーン(艶調整可品)
外壁下処理
(クラック補修)
(欠損部成形補修)
(シリコンコーキングプライマー処理)


【付帯塗装】
軒天塗装工事
破風板補修・塗装工事
雨樋塗装工事
水切り塗装工事
その他配管等小物塗装工事
霜除け・出窓天板塗装工事
サッシ周り化粧モール補修・塗装工事
門塀塗装工事

【シーリング工事】
目地部シーリング打ち替え工事
サッシ周り・化粧モール・サンルーム打ち増し工事

【屋根改修】
カバー工法
項目 工事内容 保証年数
外壁 塗装工事
ダイヤモンドコート
色番:ND-155
塗膜保証10年
付帯 塗装工事
一液ファインフッ素UV
色番:ND-155、4530D
塗膜保証7年
目地・サッシ シーリング工事
オートンイクシード15
シーリング破断5年
屋根改修 カバー工法
断熱材付スーパーガルバリウム鋼板
IG工業 スーパーガルテクト
穴あき25年
赤錆15年

外壁(シーリング)補修

18041903
18041904
目地のコーキングに界面剥離が見られます。界面剥離はプライマー(接着剤)を塗布しなかったため起こる現象です。
また、界面剥離を気にされてか、すき間の部分にシリコンのコーキングが打たれており、それが壁面側にはみ出てしまっていました。
はみ出てしまっている分は撤去しきれませんので、上から塗装することになります。
18041905
18041906
18041907
界面剥離の症状が見られるシーリングを器具で撤去します。
撤去した箇所に奥まで丁寧に糊の役目をするプライマーを塗布し、完全に乾かします。
既存のシーリング材を撤去した後は、新しくシーリング材を充填していきます。


外壁塗装

1804190711
1804190712
外壁は高圧洗浄をして、外壁についた汚れをしっかり落とします。
汚れをしっかり落とした後は塗装をして、家をしっかり守ってくれる外壁に仕上げていきます。
仕上げにダイヤモンドコートを塗装させていただきました。ダイヤモンドコートを塗装することによって、さらに紫外線から家を守ってくれるようになります。


付帯塗装

1804190713
1804190714
破風版のシーリングが劣化していました。劣化している既存のシーリングは器具を使って撤去します。
1804190715
1804190716
撤去した後は、新しいシーリング材を充填します。新しいシーリングが十分乾いたら塗装をします。

1804190717
水切り塗装
1804190718
霜除け塗装
水切りと霜除けはスチール製ですので、塗膜が剥がれてしまうと錆びてしまいます。錆止めを塗布した後に、塗装メンテナンスを実施します。

18041919
18041920
ガスメーターの配管も、塗膜がかなり剥がれていたので、剥がれている塗膜と汚れを落として塗装し直します。


屋根補修

18041921
18041922
つくば市S様の屋根は、ノンアスベストスレート屋根材とはいえコロニアルNEOの品種改良版なので、割れもなくコケや汚れだけで劣化も軽微な状態でした。屋根塗装でも対応可能な状態だったのですが、屋根塗装とガルテクトカバー工法の数プランをご提案して、それぞれのメリット、デメリットをお話しさせて頂いたところ、お施主様の意向で「何度も塗装するよりも耐久性や断熱性を考えたら今のうちにカバー工法を取り入れた方がトータルコストでお得だよね」との事で既存の屋根の上から重ね葺きする屋根リフォーム(カバー工法)の採用になりました。
ガルバリウム鋼板であるガルテクトは超軽量なので、メーカーも推奨のカバー工法(重ね葺き)でも安心な設計となっています。

18041923
18041924
もともとあった棟板金はがしていきます。はがした後は防水シートをしきます。
18041925
18041926
今回はお客様のご要望でガルバリウム鋼板でできている、スーパーガルテクトという屋根材を使用しました。スーパーガルテクトは屋根の形に合わせてカットしながら、丁寧に葺いていき完成です。


門塀

18041928
18041929
門扉は下塗りの不足や、塗装時の含水率が高かった、下塗り材の選定ミスなどの原因により塗膜が剥がれてしまっていました。
塗膜が剥がれてしまっているところは、塗膜を丁寧に落としていきます。

18041930
18041931
剥がれた塗膜との境目を補修し、新しく塗装し直します。今回下塗りには、密着力が高い浸透型下塗りを使用し、塗り直しを行いました。
とはいえ、一度塗膜が剥がれこうなってしまった門扉に関しましては、塗膜保証の対象外となってしまいます。


完成

18041902
門扉の塗装の劣化が進んでおりましたので、外壁や屋根のメンテナンスと一緒に補修させていただきました。
屋根はガルバリウム鋼板製のスーパーガルテクトでカバー工法を施工し、長年安心して住めるお家になりました。外壁は、塗膜を保護する目的はもちろん、美観保持の点からもダイヤモンドコートがとても良い感じに仕上がりました。
ありがとうございました!