取手市 クリア剥がれの難付着サイディングを外壁塗装

茨城県取手市 K様 外壁塗装・付帯塗装

ビフォーアフター

before1
201810tk01
vertical1
after1
201810tk02
茨城県取手市のK様より外壁リフォームのご相談をいただきました。

K様邸のサイディングの外壁は、難付着サイディングを用いた直貼り工法で施工されていました。難付着サイディングはクリア剥がれの症状が見られ、凍害による外壁の劣化が激しく複数箇所でサイディングの欠けや割れが発生していました。
この両方を兼ね備えているサイディングは珍しく、塗料はかなり限定されてしまいます。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 パーフェクトトップ
色番:ND-282
8年
付帯塗装工事 ファインパーフェクトトップ
色番:23-255
3年
※木部除く

外壁補修

201810tk03
201810tk04
コーキングの破断や凍害等により、吸水して脆くなってしまったサイディングボードに欠けや割れが発生していました。パテを充填ししっかり補修をします。

201810tk05
201810tk06
外壁サイディングの目地のコーキングは、界面剥離や凝集破断を起こしていたので打ち換え工事をします。界面剥離は新築施工時のプライマー(接着剤)の塗布がされていなかった、もしくは塗布ムラがあったために起こる現象です。

外壁塗装

201810tk07
201810tk08
K様邸の外壁サイディングは、表面にクリアコーティングが施されている「難付着サイディング」が使用されていました。しかし表面のクリアコーティング部分が劣化し、剥がれていました。テープを使ってみると、粘着部分に剥がれたクリア部分が付着します。

201810tk09
201810tk10
このまま下塗りをしてもすぐに剥がれてしまうので、クリアコーティング部分をテープを使って剥がします。

201810tk11
201810tk12
テープを用いてクリアコーティング部分を剥がした後は、下塗り材が密着するかテストを行いました。

before1
201810tk13
horizontal1
after1
201810tk14
下塗り材の密着テストを何回も行い、下塗り材が剥がれないことを確認した上で上塗りをします。今回上塗りは「パーフェクトトップ」で塗装しました。お色はND-282を使用しました。

201810tk15
201810tk16
上塗りをした後も、塗膜が剥がれてしまわないかしっかりチェックをします。

軒天塗装

201810tk17
201810tk18
木材でできた軒天には雨染みがありました。梁の割れもありましたので、木材保護塗料のキシラデコールで防腐処理をしました。

その他付帯

201810tk19
カーポート交換

201810tk20
雨戸塗装

完成

201810tk02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

茨城県取手市のM様、今回の外壁塗装工事では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

【今回使用した塗料】