印西市 縦張りサイディングボードをパーフェクトトップで外壁塗装

千葉県印西市 K様 外壁塗装・屋根塗装工事概要

ビフォーアフター

before1
201903ik01
vertical1
after1
201903ik02
千葉県印西市のK様邸の外壁は2階が縦張りのサイディング、1階がセラミックタイルで施工されていました。

2階の縦張りのサイディングでは脇の併せ部分は「あいじゃくり構造」となっており、雨水の侵入を防いでいますが、過去に修理した業者によりシーリング(コーキング)が打たれていました。

屋根は築年数と比較して良い状態でしたが、棟板金の釘が浮いておりいつ飛んでいってもおかしくない状態でした。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 パーフェクトトップ
色番:IF-8130
8年
シーリング工事 目地部:打替え
SR-70
色番:グレー
サッシ廻り:打増し
変性シリコンコークノンブリードLM
色番:アイボリー
3年
付帯塗装工事 ファインパーフェクトトップ
色番:チョコレート
3年
屋根塗装工事 ファインパーフェクトベスト
色番:チョコレート
8年

外壁補修・塗装

縦張りの外壁サイディングボードが一部割れていました。塗装前にパテを使用して補修をします。

201903ik03
施工前

201903ik04
施工後

サッシやドア付近は、変性シリコンコークノンブリードLMで打ち増ししました。

201903ik05
施工前

201903ik06
施工後

1階部分はセラミックタイルで施工されているので塗装メンテナンスは不要です。
2階部分は高圧洗浄と外壁補修の後「パーフェクトトップ」で塗装をしました。お色はIF-8130を使用しました。

before1
201903ik07
horizontal1
after1
201903ik08

屋根補修・塗装

屋根は棟板金の釘の浮きが複数箇所で見られました。また、一部では釘が入っていないところもあり、台風や強風でいつ棟板金が飛んでもおかしくない状況でした。

屋根の補修では釘を打ち直し、釘頭と棟板金の結合部分にコーキング材を打ちました。

201903ik09
施工前

201903ik10
施工後

高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、ターペン可溶2液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候屋根用塗料の「ファインパーフェクトベスト」で塗装をしました。お色はチョコレートを使用しました。

before1
201903ik11
horizontal1
after1
201903ik12

付帯

破風版の結合部にはコーキング材が打たれていますが、劣化し一部剥落していました。つなぎ目のコーキング処理を行った上で、塗装メンテナンスをしました。

201903ik13
施工前

201903ik14
施工後

1階と2階の間に窯業系の幕板が採用されていますが、ベランダ部分の幕板はかなり吸水し脆くなっていました。

劣化している塗膜を丁寧に落とし、下地補修を行ってから塗装をしました。また、幕板上場のコーキング工事やつなぎ目のコーキングの打ち替え工事も行いました。

201903ik15
施工前

201903ik16
施工後

201903ik17
軒天

201903ik18
霧除け

完成

201903ik02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県印西市のK様、今回の外壁塗装と屋根塗装工事では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

【今回使用した塗料】
tenken01
tenken02
tenken03