千葉県野田市I様邸 難付着ボード外壁補修と塗装

外壁塗装概要

外壁塗装ビフォーアフター

before1
野田市I様邸 ビフォー

vertical1
after1
野田市I様邸 アフター
千葉県野田市I様邸は弊社がお隣のA様邸を施工させて頂いている時に、お声掛けを頂きました。弊社のマナーや工事の質を感じて頂いたようです。
お母様と娘様でかなり色を悩んでおられました。濃いグレーが良いとの事でしたので、10年色褪せしないダイヤモンドコートをお勧めし、ご採用頂きました。またベランダを違う業者で数年前にやり直したとの事でしたが、床がベコベコとし、施工に不満があるのとの事でベランダの改修も実施致しました。
仕上がりにはご満足頂けました。

施工範囲と保証期間

築年数
15年
坪数
40坪
施工範囲
【外壁塗装】
下地調整(クラック補修+一部ビス固定+コーナー部パテ処理)
【屋根補修】
屋根釘打ち直し、釘頭コーキング補修工事・壁押さえ板金塗装工事
【付帯塗装】
軒天、破風板、雨樋、水切り、玄関扉、シャッターボックス及びスラット部、その他配管等小物補修・塗装工事
ベランダ笠木・手摺等漏水懸念箇所コーキング補修工事
ベランダ防水やり直し工事
カーポート脱着工事
【シーリング工事】
目地部及び縦あいじゃくりコーキング打替え・新設工事
サッシ周りコーキング増し打ち工事
外壁塗装 ダイヤモンドコートBS水性 メーカー保証7年 自社保証10年 色1F=ND-013 2F=ND-155
付帯塗装 1液ファインフッ素UV メーカー保証3年 自社保証5年 色=ブラック
目地シール サンライズ NB-50 破断3年 色=ライトグレー
野田市I様邸 外壁補修(コーキング打替え)
コーキングに「界面剥離」が見られましたので、コーキング打替えをしていきます。

界面剥離とは、コーキングが壁面から剥がれる状態の事をいい、これは新築施工時のプライマー(接着剤)の塗布がされていなかった為に起こる現象です。

野田市I様邸 外壁補修(コーキング打替え)
既存のコーキングをカッターナイフ等の器具で撤去します。
野田市I様邸 外壁補修(コーキング打替え)
撤去した箇所に奥まで丁寧に糊の役目をするプライマーを塗布し、完全に乾かします。
野田市I様邸 外壁補修(コーキング打替え)
新規でコーキング材を充填していきます。
野田市I様邸 外壁補修(コーキング打替え)
でこぼこにならないようにヘラで丁寧に均します。
野田市I様邸 外壁補修(コーキング打替え)
マスキングテープを剥がして完成です。
野田市I様邸 外壁補修(Vカット工法)

野田市I様邸 外壁補修(Vカット工法)

野田市I様邸 外壁補修(Vカット工法)

外壁にクラックが発生していましたので補修します。
0.3ミリ以上のクラックに対しては、Vカット工法が必要です。
ヒビ部分を専用工具にてVの字に幅、深さ共に5ミリ以上に広げ、そこに補修用の弾性パテを充填していきます。
野田市I様邸 外壁補修(ボード浮き補修)

野田市I様邸 外壁補修(ボード浮き補修)

サイディングが浮いているところは、サイディングの反りを無理やり直そうとすると割れてしまったりする為、ビス止めをして浮き補修をします。
野田市I様邸 外壁塗装
下塗り
ファインパーフェクトシーラー
下地に対して高い浸透性と含浸補強性を持つとともに、高い付着力が発現します。
野田市I様邸 外壁塗装
中塗り(1回目)
ダイヤモンドコートBS水性
ダイヤモンドコートは4回塗り仕上げです。
4回目にUVカットクリヤーコーティングを施すことで塗りたての美しい色艶を15年にわたり維持することが出来ます。
野田市I様邸 外壁塗装
中塗り(2回目)
ダイヤモンドコートBS水性
ダイヤモンドコートBS水性を再度重ね塗りをします。
野田市I様邸 外壁塗装
上塗り
ダイヤモンドコートGLクリヤー
 最後にダイヤモンドコートの特徴の一つであるUVカットクリヤーコーティングを既定量塗布し、紫外線からの劣化を防ぐ強い塗膜を形成します。
塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。

屋根補修

before1
野田市I様邸 釘頭のコーキング

horizontal1
after1
野田市I様邸 釘頭のコーキング

野田市I様邸 釘頭のコーキング

野田市I様邸 釘頭のコーキング

棟の釘浮きは金槌で奥まで丁寧に打ち込み、釘頭にコーキングをのせていきます。
こうする事で釘が抜けてきてしまうのを防ぐ事が出来ます。
釘頭は厚みをつけて盛り付けていくのが弊社の基本工事です。
before1
野田市I様邸 棟ジョイント部のコーキング補修

horizontal1
after1
野田市I様邸 棟ジョイント部のコーキング補修

野田市I様邸 棟ジョイント部のコーキング補修
コーキングが劣化して固くなっていますので打替えをします。補修することで雨水の侵入を防ぎ、下地木材の腐食を防ぎます。
まずはカッター等を使用し、既存のコーキングの撤去を行います。
野田市I様邸 棟ジョイント部のコーキング補修
新たなシーリング剤を充填する箇所には接着剤となる専用のプライマーを塗布します。
野田市I様邸 棟ジョイント部のコーキング補修
新しいコーキング剤を奥までしっかり打ち込みます。

付帯塗装

before1
野田市I様邸 付帯塗装
水切り
horizontal1
after1
野田市I様邸 付帯塗装

before1
野田市I様邸 付帯塗装
雨樋
horizontal1
after1
野田市I様邸 付帯塗装

野田市I様邸 付帯塗装
軒天
野田市I様邸 付帯塗装
シャッターボックス
野田市I様邸 付帯塗装
天板

使用材料

野田市I様邸 使用材料

お客様の声

SKMBT_C22417061509030_0002

外壁、とても綺麗に塗装していただき有りがとうございました。