千葉県佐倉市I様邸 雨漏り補修と外装メンテナンス

外壁塗装概要

外壁塗装ビフォーアフター

before1
佐倉市I様邸 ビフォー

vertical1
after1
佐倉市I様邸 アフター
佐倉市I様は、雨漏りが発生しているので外装メンテナンスを検討しましたが、10年後には家を手放す可能性もあるため、適切な工事を適正価格で提案してくれる会社を探しておられました。
雨漏りの原因は特定出来たのでカバー工法のご提案もいたしましたが、予算の都合があったため補修工事を提案し施工いたしました。
外壁は直貼り+ソフトリシンで蓄熱性が高いので透湿性重視の仕様で施工いたしました。
シーリングは深さが確保できたため打替えではなく全て「増し打ち」で対応いたしました。

施工範囲と保証期間

築年数
25年
坪数
30坪
施工範囲
【外壁塗装】
下地調整(ひび割れクラック補修 Vカット+弾性パテ充填)
【付帯塗装】
軒天、木製破風板、雨樋、霧除け、出窓天板、戸袋、各配管等小物塗装工事
妻側破風板板金巻き工事
【シーリング工事】
目地部、窓周り=増し打ち工事
【屋根塗装】
下地調整
素地露出部 下塗り
タスペーサー02挿入(シングル工法)
漏水部ケラバ交換工事
外壁塗装 インディフレッシュセラ 自社保証7年 色=IF-9301
付帯塗装 ファインパーフェクトベスト 自社保証5年 木部5年 色=ブラック
屋根塗装 水性シリコンベストⅡ 自社保証5年 色=ナポリブラウン
目地シール サンライズNB-50 自社保証5年 色=アイボリー
before1
佐倉市I様邸 外壁補修(コーキング増し打ち)

horizontal1
after1
佐倉市I様邸 外壁補修(コーキング増し打ち)

佐倉市I様邸 外壁補修(コーキング増し打ち)
目地部やサッシ周りのコーキングには厚みが確保されておりましたので、今回は増し打ち刷毛を使用して専用のプライマーを塗布します。
佐倉市I様邸 外壁補修(コーキング増し打ち)
コーキング材を打ち込んでいきます。
佐倉市I様邸 外壁補修(コーキング増し打ち)
内部に空洞ができないように押し込むようにヘラで平らに均します。
佐倉市I様邸 外壁塗装
下塗り
水性カチオンシーラー
シリコン配合の反応硬化タイプなので密着性と耐久性をさらに向上させます。 外壁の表面強度を高め、素地との密着性を高めてくれます。
佐倉市I様邸 外壁塗装
上塗り(1回目)
インディフレッシュセラ
砂壁状や土壁状の高意匠塗材の意匠性をそのままに、美しい外壁に生まれ変わります。
佐倉市I様邸 外壁塗装
上塗り(2回目)
インディフレッシュセラ
 高耐候性シリコン系樹脂に1液水性反応硬化技術を組み合わせ、すぐれた耐久性を実現しました。 顔料配合技術により、高意匠塗材の質感を損なわない、つや消しの美しい仕上がりが得られます。

屋根塗装ビフォーアフター

before1
佐倉市I様邸 屋根塗装

vertical1
after1
佐倉市I様邸 屋根塗装
ソーラー温水器を外した未塗装部分が露出しており、前回塗装時の塗膜の軽微な剥がれが見られました。
素地露出箇所は吸い込みが止まるまでシーラーを塗布してから下塗りを行いました。

また、雨漏りの症状があったため、漏水部の補修工事を実施しました。


佐倉市I様邸 屋根補修

佐倉市I様邸 屋根補修

佐倉市I様邸 屋根補修

屋根漏水箇所の補修です。
ケラバと屋根材を一度撤去して補修します。
ルーフィングが敷かれていなかったために腐食した下地を交換→ルーフィング敷き→新規屋根材を取り付けます。

佐倉市I様邸 屋根塗装

佐倉市I様邸 屋根塗装

素地露出部には、ファイン浸透シーラーを吸い込みが止まるまで塗布します。
ファイン浸透シーラーは浸透性が高く下地に対して「くさび効果」が得られ、脆弱な下地表面を補強します。
佐倉市I様邸 屋根塗装
下塗り
べスコロフィラーHG
べスコロフィラーHGは、特殊カチオン樹脂系の付着性に優れた下塗です。 厚膜の為、素地の目止め効果が高く、肉痩せしたスレートを甦らせます。
佐倉市I様邸 屋根塗装
上塗り(1回目)
水性シリコンベストⅡ
水性シリコンベストⅡは対UV性機能を強化、耐候性が向上しました。
防藻性・防かび性があります。

佐倉市I様邸 屋根塗装
上塗り(2回目)
水性シリコンベストⅡを再度塗布します。

付帯塗装

佐倉市I様邸 破風板板金巻き

佐倉市I様邸 破風板板金巻き

佐倉市I様邸 破風板板金巻き

妻側の破風板は雨水給水により著しく腐食しておりました。
下地を交換し板金を巻くメンテナンスを行いました。
佐倉市I様邸 その他付帯
軒天
佐倉市I様邸 その他付帯
霧除け
佐倉市I様邸 その他付帯
雨戸