白井市 ソフトリシンが吹き付けてあるALCの外壁塗装

千葉県白井市 O様 外壁塗装・屋根改修工事概要

ビフォーアフター

before1
201808so01
vertical1
after1
201808so02
千葉県白井市のO様より、外壁リフォームについてのご相談がありました。

お調べしたところ、外壁はALCにソフトリシンが吹き付けされたものでした。外壁には汚れがみられましたが、大きなクラックもなく良い状態でした。しかし、ALCは蓄熱性が高い外壁材ですので、塗料の選定に注意が必要です。

また、屋根はニチハのパミールという屋根材で施工されており、劣化でボロボロと崩れてしまっている状態でした。
パミールの屋根は層を重ねて作られており、塗装をしても一番上の層から剥がれてしまうため、カバー工法をお勧めいたしました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 インディフレッシュセラ
色番
(ベース色)1F-8130
(アクセント色)1F-9217
5年
付帯塗装工事 ファインパーフェクトトップ 艶有
色番:15-60B
5年
屋根改修工事 石付きガルバリウム鋼板
D'Sルーフィング ディプロマットスター
色番:エバーグリーン
メーカー保証30年

屋根改修工事

201808so03
201808so04
パミールの屋根材は層間剥離を起こしてボロボロになっていました。パミールの屋根は層を重ねて作られており、塗装をしても一番上の層から剥がれてしまうため、カバー工法で屋根を改修することにしました。

201808so05
棟板金撤去

201808so06
防水シート敷き

カバー工法をするにあたり、高圧洗浄をした後既存の棟板金を撤去します。棟板金を撤去したあとは、新しく防水シートを敷きます。

201808so08
屋根材カット

201808so07
新しい屋根材設置

新しい屋根材は、屋根の形に合わせてカットして設置します。今回は石付きガルバリウム鋼板のD'Sルーフィング「ディプロマットスター」で施工しました。お色はエバーグリーンを使用しました。

屋根材を葺いた後は、棟板金の下地木材と棟板金を設置します。棟板金に打ち込んだ釘頭には、コーキングを盛り付ける事により経年による抜けの防止や、微細な雨水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にコーキング処理を行いました。

外壁補修・塗装工事

before1
201808so09
horizontal1
after1
201808so10
コーキングの劣化が著しい箇所は、既存のコーキングを撤去し新しくコーキングの打ち替えをします。

before1
201808so11
horizontal1
after1
201808so12
ソフトリシンを吹き付けてあるALCの外壁は、蓄熱性が高く塗膜で覆う仕様での塗替えは膨れや剥がれが生じる可能性があります。今回は透湿性が良い「インディフレッシュセラ」で上塗りをしました。お色はベース色として1F-8130、アクセント色として1F-9217を使用しました。

付帯塗装

before1
201808so13
horizontal1
after1
201808so14
FRP防水のベランダはトップコートにひび割れがみられましたので、防水塗装をしました。

201808so15
破風板塗装

201808so16
シャッターボックス

完成

201808so02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県白井市のO様、今回の外壁塗装と屋根改修工事では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

【今回カバー工法で使用した屋根材】