千葉県柏市逆井 W様邸 ファイン4Fベスト 屋根塗装

千葉県柏市逆井 W様邸 屋根 施工後

yane1

DSC_2167-e1476688459242
最大15Mpaの水圧で、長年こびり付いたゴミや埃、
コケや藻を洗い飛ばします。

下処理

DSC_2184-e1476688505145

DSC_2186-e1476688529956

棟板金部を止めている釘が飛び出してしまっています。
このまま放っておくと釘が外れ、強い風や台風で棟板金部が飛ばされてしまう恐れがありますので、
飛び出している釘を 打ち込みます。
DSC_2189-e1476688554911
縁切り材(タスペーサー)を挿入していきます。 これにより、塗替え後の毛細管現象による雨漏りを防ぎます。
DSC_2190-e1476688581588
奥まで、ぐっと押し込みます。
DSC_2192-e1476688622764

等間隔で全体に挿入しました。
DSC_2194-e1476688645460

錆や汚れを落とし塗料の密着を高める処理、ケレン作業を行います。
DSC_2196-e1476688669805

雪止めにもケレン作業を行い、錆や汚れを落とします。

DSC_2201-e1476688694381

ケレン作業を行い、汚れを落とし、塗料が付着しやすくなった板金部の下塗り作業です。


DSC_2198-e1476688721718

雪止めも板金部と同様に金属ですので、シーラーではなく防錆プライマーを 塗布します。
DSC_2208-e1476688767834

DSC_2187-e1476688792268

DSC_2188-e1476688817592

棟板金継ぎ目の劣化したコーキングを取り除いていきます。
DSC_2229-e1476688842380

撤去したら プライマーを塗布し、奥までしっかり コーキングを打ち込みます。
DSC_2230-e1476688867223

空気が入ると剥がれたり水が浸入しますので、ヘラでしっかりならします。
DSC_2232-e1476688924988

DSC_2233-e1476688965872
釘頭にもすべてコーキングを打っていきます。
これにより微細な水の侵入を防ぎます。
DSC_2234-e1476688991727

DSC_2236-e1476689041275

瓦のひび割れを補修していきます。
DSC_2237-e1476689063943

コーキングを打ち均していきます。
DSC_2238-e1476689088354

細かなひび割れも、長年放っておくと雨漏りの原因になる恐れがありますので、しっかりと補修します。
DSC_2213-e1476689113471
下塗り

ファイン浸透シーラーは、2液弱溶剤型のエポキシ樹脂下塗り塗料です。

特徴としては、
[1] 浸透性が高く、素材に対して「くさび効果」を発揮します。
[2] エポキシ樹脂の密着性によって、脆弱な下地表面を補強します。
[3] 上塗り塗料の選択幅も広く、使いやすい材料です。
[4] 防藻・防カビ効果があります。

DSC_2242-e1476689140792
中塗り

 ファイン4Fベストを塗布していきます。
DSC_2295-e1476689215146
上塗り

上塗りもファイン4Fベストを塗布します。
ファイン4Fベストは、超耐久性の4フッ化フッ素(4F)と、セラミック配合技術の組み合わせにより、屋根という厳しい環境に耐えることができます。
信頼性の高い仕様を採用しました。 「ニッペファイン浸透シーラー」を下塗りとする仕様を採用することで、脆弱な下地に浸透し、素地を強化します。
before1
DSC08758-e1476752505659

vertical1
after1
千葉県柏市逆井 W様邸 屋根 施工後2