千葉県柏市 H様邸 サーモアイSi 屋根塗装

築年数
13年
坪数
43坪
外壁
ファインシリコンフレッシュ 10年
屋根
サーモアイSi 10年
付帯
ファインシリコンフレッシュ 5年

屋根

before1
千葉県柏市 H様邸 屋根 施工前
horizontal1
after1
千葉県柏市 H様邸 屋根 施工後

屋根塗装 施工工程

屋根の高圧洗浄
屋根塗装にとっては、最重要なのは下処理となる作業です。
最大15Mpaの水圧で、長年こびり付いたコケや藻を飛ばします。
縁切り材の挿入(タスペーサー)
縁切り材の挿入(タスペーサー)2

棟板金の継ぎ目や、釘頭にコーキング材を打ち微細な漏水を防ぎます。
コーキングは下塗り後に打ち込むので、既存のコーキング剤を撤去しておきます。
棟包みの釘の打ち込み
長持ちの秘訣 棟包みの釘の打ち込み

棟板金部を止めている釘が少し飛び出してしまっています。
このまま放っておくと釘が外れ、強い風や台風で板金部が飛ばされてしまう恐れがありますので、飛び出している釘を打ち込みます。
板金部7下塗り(防錆プライマー)
板金部7下塗り(防錆プライマー)2

板金部にサビが一部ありましたので、ペーパーで丁寧に除去します。
サビの上から塗装してしまうと中からまたサビが広がり、塗膜も下地もだめになってしまいます。
板金部下塗り
板金部にはサビ止め効果のある下塗り剤を使用します。
雪止めの下塗り(防錆プライマー)
雪止めの下塗り(防錆プライマー)2

雪止めは板金部と同様に金属ですので、 シーラーではなく防錆プライマーを塗布します。
棟包みのコーキング
棟包みのコーキング2

棟板金の継ぎ目にコーキングを打ち、微細な漏水を防ぎます。
既存のコーキングは撤去してありますので、プライマーを塗布し、奥までしっかりコーキングを打ち込みならします。
釘頭にもコーキングを打つことで釘の抜け落ちを防ぎます。
クラック補修
長持ちの秘訣 クラックの補修

軽微なクラックにはコーキングを打ちます。
このひと手間で水の浸入を防ぎます。
縁切り材の挿入(タスペーサー)3
長持ちの秘訣 屋根の縁切りタスペーサー

4寸勾配以下の場合は、ダブル工法を推奨。
塗替え後の毛細管現象による雨漏りを防ぐ ための作業です。
下塗(サーモアイシーラー)
日本ペイントのサーモアイシリーズの場合下塗りにも熱の反射性が有ります。
下地を強固にする役目も有ります。
上塗り1回目(サーモアイSi)
遮熱塗料「サーモアイSi」を塗布します。
サーモアイSiは過酷な環境下でも耐久性を保持することが可能な屋根用遮熱塗料です。
上塗り2回目(サーモアイSi)
2回目もムラのないよう丁寧に塗布し、屋根塗装の完成です。