我孫子市|外壁塗装・屋根塗装 [K様邸8日目]

本日はガルテクトの続きです。


軒先からガルテクト本体を取り付けていきます。忘れてはならないのが雪止めですね。

P1010586

雪止めをビス止めした後、コーキング剤を充填し、雨漏りを防ぎます。

P1010588

ガルテクト本体部分の取り付けが終わったら、今度は棟部分の下地材を取り付けます。

もちろんこの下地材と屋根の隙間にもコーキングを打ち、水の侵入をシャットアウトしています。

P1010591

最後に棟板金の取付です。

P1010595

メーカー指定のステンレス釘を使用し一定間隔で確実に固定していきます。


やはり最後に釘頭にはコーキング剤を盛り付け、経年による抜けや微細な漏水を防ぎます。