ディプロマット

D’sルーフィング ディプロマット

D’sルーフィング ディプロマット柏・松戸市の外壁塗装ならシャインにおまかせください。
ディプロマットの特徴1
ディプロマットのカラーバリエーション1
ディプロマットの参考価格1

ディプロマットの特徴1

ディプロマットは超軽量屋根材
d6f0d0e68eb8d1bffad57b393a44cf2a
つくばでの実大振動実験において、試験体の屋根材に使用されたディプロマット。
阪神大震災級の振動をかけましたが、屋根材にゆがみなどの変形はありませんでした。

cd5559325b27dac183caf14b08f2f4c7

屋根材を軽量化することで、
効果的な耐震性能を向上できます。

6cce1e287718675c22f600c0f3241b8a

重い屋根材は
柱や梁の強度が足りないと、
このようになってしまいます。

軽い屋根材は長期優良住宅などで必要とされる耐震強度をとろうとする時、壁量に対しての強度を、ローコストで「間取りに自由」を与えることができます。
ディプロマットのコスト比較11
ディプロマットのコスト比較21
屋根の重量比較1



ディプロマットの特徴2

ディプロマットの超耐久性

ディプロマットの基材はジンカリウム鋼板と呼ばれる金属です。
ジンカリウム鋼板(アルミニウム55%、溶融亜鉛43.4%、シリコン1.6%)合金被膜鋼板は、通称「ガルバリウム鋼板」と呼ばれている、高耐蝕性・耐熱性・熱反射性と加工性を合わせ持つ鋼板と同じ組成の鋼板です。

69bf82b30387669b097e7749f3d8fc2f
米国BHP社が米国ベスレヘム社との共同開発により、通称「ガルバリウム鋼板」の生産工程を改良し、さらに耐久性を持つ鋼材の製造を可能にしました。 それが、「ジンカリウム鋼板」です。 ジンカリウム鋼板(AZ150)は、亜鉛鉄板(Z92)との耐久比較において3〜6倍耐久性が優れております。

ディプロマットの特徴3

ディプロマットは木材不使用で腐らない
ジンカリウム鋼板
通常、スレートや瓦の屋根の棟板金内部には、木材が使用されていますが、ディプロマットは棟板金の内部もジンカリウム鋼板ですので、水の侵入で腐る事がありません。
e5dcad1602fd54b9234cb86bf82f9441
この特徴はD'sルーフィングのディプロマットだけ!
b58e294f46b71e65ecf7b707023875b4

時間雨量240㍉ 風速40m/秒(日本の気象観測ではない雨量の風雨)
結果=各1000パスカル 合格

ディプロマットの特徴4

雪止めいらず1
ディプロマットは、セラミックコートされた自然石粒で仕上げられています。この自然石粒は強い摩擦抵抗力を持っており、「蓄熱」の特性があります。そのため、雪止め無しでも雪が大きく滑落する心配がほとんどありません。
冬場の雪処理のわずらわしさや、雪下ろし時の作業の安全性などに大きく貢献しています。
4bd5ff2704565145777f4fed0ee54cf8
どの程度の勾配で落雪するかの観測実験です。
d3694ec61900219bc38f547e94aa438e
方法:試験体の大きさ1870mmを写真のように設置し、
左から10寸勾配・8寸勾配・6寸勾配の3種類と積雪深 
しまり雪30cmと下層にざらめ雪10cm+しまり雪40cm 
合計50cmを用いて以後落下するか、融けるまで観測(小屋裏無断熱の設定)
10寸勾配でも落雪することなく溶けています。ディプロマットの性能がお分かりいただけるかと思います。

ディプロマットの特徴5

美観性
■セラミックコートとは?

日本でも古くからある ”釉薬” と呼ばれる着色方法です。
色を生成する色粉とガラスの素が700℃〜1250℃以上の高温酸化焼成と言う焼の工程を施すと、色粉がガラスに封じ込められます。
これによって長期的に色彩を維持できる着色方法です。
陶器瓦や磁器タイル、お茶碗や茶器などに使用されています。

37f9414348ce3bfe0b13844b8597b5c2

47321a67db2f39d0f14c8ecd074dbbb1

ディプロマットの特徴6

メーカー30年保証!

04d0cc3278380ed2edd6e8b990669bee
d3bdf48b51a799e71c921229257b6fe1
ディプロマットはメーカーの30年保証が付きます。

1:基材鋼板の錆による雨漏り

2:基材石粒の極端な剥離(はがれ)

3:基材石粒の極端な褪色(色あせ)

(施主様にお渡しから)
07ff6c8719eac335570e505be63220b2

ぜひこちらもご覧ください

塗れない屋根bnr1

ディプロマットについて

ディプロマットの特徴1
ディプロマットのカラーバリエーション1
ディプロマットの参考価格1
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る