世の中の60%は”塗れない”屋根

屋根のメンテナンスといえば

5688a4e5fe6719bc27a43117d0e22c0d

屋根のメンテナンスとして、屋根塗装を選択する方は多いと思います。


スレート屋根というのは、一般的には10年を超えて15年までを目安に、塗装メンテナンスを進められるかと思います。


しかし、塗装しても剥がれてしまう屋根があることをご存知でしょうか。


塗れない屋根

屋根材には塗装できない、あるいは塗装に不向きなものがあり、家を長持ちさせるにはそれぞれに合った工法を判断する必要があります。

屋根材の傷みが激しかったり変形が起きている状態では、いくら塗装したところで長持ちしません。

 

「塗装ができるスレート屋根」

「塗装ができないスレート屋根」

 

それぞれを症状別に紹介します。

塗装ができるスレート瓦屋根

多くの家で使用されている「スレート瓦」です。
塗装できる・できないは見分け方が難しいことも多く、数々の症例を見てきた屋根診断のプロフェッショナルでないとわからない事があります。
201bcf25ad420e5d55766775e25798e4
s-DSC_1903

コケやカビが生えているだけの屋根は通常は塗り替えが可能です。

しかし、下塗り剤は厳選する必要があります。

コケが生えている屋根は、劣化が激しくなっている事も考えられます。

歩行をするだけで屋根材が割れるぐらい劣化している場合は、塗替えできません。

塗装出来ないスレート瓦屋根

ニチハのパミール
一見すると健康な屋根に見えます。
塗装NG_パミール1
建材メーカーのニチハが製造したパミールという屋根材は、ミルフィーユのように層間剥離を起こしてしまいます。したがって、パミールの屋根はいくら塗装しても表層が塗膜と一緒にめくれてしまいますので、塗装では対処できません。

写真程度の劣化ではパミールだとわからずに塗ってしまう塗装会社がほとんどです。
しっかりと診断できる業者を選びましょう!
パミールで塗装して二年後21
パミールを知らない塗装会社もたくさんあります。
写真は築13年の家に(屋根はパミール)塗装後、2年経過した時点での写真です。塗膜と一緒に表層が剥がれて塗装の意味がまるでありません。
早めに屋根をカバー、または葺き替えしなければ雨漏りの心配があります。
パミールで塗装して2年後1

築13年でパミール屋根に他社の塗装工事を実施後、2年経過


塗れない屋根に塗装をしても、数年後には塗膜が剥がれたりして、高いお金をかけた塗装も無意味になってしまいます。 家にとって良いことはひとつもありません!

ノンアスベストの屋根
以前はセメントにアスベストを含有して強度を高めていましたが、2000年以降アスベストが禁止となり、現在使われているスレート瓦は「ノンアスベスト」です

ノンアスベストの屋根材は歩くとパキパキ割れてしまうほど脆く、割れを補修して塗装しても、他の場所からの自然の割れを防ぐことができません。「ノンアスベスト位なら補修して塗装すれば大丈夫」と言って塗装を進める会社もあるようですが、私たちはおススメしません。塗って数年は持つかもしれませんが、近い将来、屋根の「葺き替え」か「カバー工法」が必要になるので、今のうちに替えてしまった方が余計な費用がかかりません。

※保証がついていても、それが「塗膜保証」の場合、スレート瓦の割れには適応されません!
気を付けてください。
前回塗装の剥がれが有り塗装NG1
古い塗装が剥がれてしまった屋根は塗装をおススメしません。

古い塗膜を完全に除去させてから塗装するのは現実的に不可能ですし、塗膜を剥がさずに古い塗膜を固めて塗装することもできますが、塗料本来の耐用年数が発揮できないばかりか、数年で再び塗膜が剥がれてくる可能性も残ってしまいます。

こちらもノンアスベストと同じく、近い将来屋根の「葺き替え」か「カバー工法」が必要になるので、今のうちに替えてしまった方が余計な費用がかかりません。
雨漏りのひどい補修あと

雨漏りしたので他社へ依頼したところ、こんな補修をされたようです。

雨漏りしている周辺の、スレート瓦の隙間をコーキング剤で埋めています。

 

一体何をどうしたらこういうことを思いつくのか…信じられません。


 こんなことをしてはかえって排水性が悪くなり、 結果的に下地が腐食してしまいます。埋めてはいけない隙間を埋めると、逆に雨漏りを発生させる原因になってしまいます。

この上から塗装は絶対NGです。下地腐食の可能性が高いので、 葺き替えの必要があります。

なんで塞いじゃいけないの?

では、なぜスレートのすき間を塞いではいけないのでしょうか。
実はこのすき間には、重要な役割があるのです。
屋根の通気1

隙間がある屋根

屋根の通気2

隙間を埋めた屋根

強風や大雨などの想定外の雨が降った時に、構造上屋根材の下に雨水が入り込んでしまいます。
入りこんだ雨水はどうなるかというと、このちょっとしたすき間から排出されるようになっています。
また、このすき間は建物内の湿気や暖かい空気の逃げ道になります。

屋根にすき間がないと屋根裏で内部結露した水分がたまってしまい、中の断熱材や木材が腐ってしまいます。
ですので、このすき間は塗料やシーリングで絶対にふさいではいけません。

※他にも「毛細管現象」など、屋根に水が入る要素は様々あります。
塗装後の雨漏りを防ぐタスペーサー
塗装時に、スレートのすき間を埋めてしまわないための専用部材があることからも、埋めてはダメな事がお分かりいただけるかと思います。
塗れない屋根に塗装するとこうなる
ノンアスに塗装した事例
ノンアスベストのスレート瓦に他社で一度塗装し、十数年経過しています。塗装後の割れがかなり多く、割れた部分から吸水して傷んでいました。更に塗装してもまた同じことになるだけなので、ノンアスベスト屋根は1度目の塗り替え時期で「カバー工法」または「葺き替え」をしておくと、長期的に見て節約になります。
パミールに塗装してしまった事例2
パミールに他社で塗装してあります。塗ってたった3年で、塗料は密着しているにもかかわらずパミールの表層から剥がれが発生しています。
このまま年数を重ねると「ニチハのパミール」ので紹介した事例のようになるでしょう。

塗装できない屋根の対処法

では、塗装できない屋根はどう対処をすればいいのか。

シャインではディプロマットガルテクトの「カバー工法」または「葺き替え」のご提案をしています。
before1
180322041
horizontal1
after1
180322021
before1
d3f6f89d2a37c42608b5a183c18c3231
horizontal1
after1
82373adf02988aa84dee629322dab121
before1
DSC07816
horizontal1
after1
千葉市K様邸 屋根
金属屋根の施工事例1
金属屋根の種類について1

こんな屋根は塗装できます

これまでスレート屋根の事例を紹介しましたが、これからご紹介する屋根は塗り替えで対応できる場合もあります。

モニエル瓦

モニエル瓦
モニエル瓦には「モニエル瓦専用塗料」が存在します。
モニエル瓦を再塗装する際は、使用する塗料にも注意が必要です。使用できない塗料を使ってしまうと早期劣化、施工不良の原因にもなりかねません。

モニエル瓦とプレスセメント瓦は、見た目は似たような感じですが施工方法が全く違います!
これも知ってか知らずか、モニエル瓦がプレスセメント瓦仕様で塗られていたり、逆にプレスセメント瓦がモニエル瓦仕様で塗られているのを見かけます。

必ず見分けられる塗装会社を選んでください。
モニエル瓦
【モニエル瓦
切断面がデコボコしている
6d834b5ed45e7fe94333b42b229a5092
プレスセメント瓦】
切断面がツルツルしている

トタン屋根

さびているトタン屋根は塗装できます
トタン屋根を塗り替える際、錆がひどい場合は交換や補修を行ってから塗り替えます。また、適切な塗料を選ぶことも大切です。

最後に

世の中の60%は塗れない屋根
屋根は外壁と違って見る機会があまりなく、劣化に気がつきにくい場所です。
自分で屋根に上ることは大変危険ですし、屋根をさらに傷めてしまいかねません。

屋根材によってメンテナンスの時期は変わりますが、気になった際には自分で屋根に登って調べるのではなく、必ず専門の業者に依頼してください。
ニチハパミール1
屋根板金の釘抜け
s-DSC01425
塗装の剥がれ
パミール
表層の剥がれ
屋根はメンテナンスをしないまま年数が経つと、写真のように劣化箇所が多く・深くなり、補修費用も予想以上にかさみます。雨漏りのリスクや、近年の異常気象で板金が飛び、ご近所様のお住まいや車を傷つけるリスクも出てきます。
シャインの無料外壁屋根診断
弊社は塗装だけでなく屋根リフォームも取り扱っておりますので、塗装にするかリフォームにするかお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。
屋根の状態にあった内容を総合的に判断し、最適な方法をご提案させて頂きます。
金属屋根の施工事例1
金属屋根の種類について1
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る