葛飾区柴又 塗装工事 屋根塗装 【N様邸】

こんにちは。

今回は屋根塗装工程をアップしてまいります!


施工前のようすです。
軽微なコケの繁殖がみられました。
しっかりと汚れを落としていきます。

DSC03790-thumb-350x262-1697

洗浄開始です!
塗装工事にとって最重要ポイントは既存の汚れをしっかりと落とすこと、と言っても過言ではありません。
しっかりと時間をかけてスレート材、1枚1枚を丁寧に洗っていきます。
DSC03793-thumb-350x262-1701

軒樋に溜まった汚れも高圧洗浄で流していきます!
DSC03795-thumb-350x262-1703

次に縁切り部材「タスペーサー」を挿入していきます。
スレート材の重なり部分の塗料詰まりを防ぐ部材です。
DSC03841-thumb-350x262-1707

DSC03842-thumb-350x262-1709

挿入後も美観性は損ないません。

DSC03844-thumb-350x262-1711

次に板金部の下塗りを入れていきます。
板金部下塗りには錆止めを使用します。
雪止め一つ一つに錆止めを入れていきます。
DSC03847-thumb-350x262-1713

屋根全体の下塗り開始です。
塗布量を守り丁寧に塗布していきます。
吸い込みが激しい箇所には再度塗っていき表層に濡れ感が出るまで塗布していくことが重要です。

DSC03851-thumb-350x262-1715

DSC03853-thumb-350x262-1717

下塗り後、適正乾燥時間を置き塗膜形成の状態を見極めて上塗り(1回目)を行っていきます。
こちらも既定の塗布量を守り丁寧に塗っていきます。
DSC03856-thumb-350x262-1719

DSC03854-thumb-350x262-1721

次に板金の釘頭にコーキングを盛りつけていきます。

DSC03860-thumb-350x262-1723

DSC03861-thumb-350x262-1725
DSC03862-thumb-350x262-1727

DSC03865-thumb-350x262-1729

釘頭にコーキングを盛りつけることでお家の挙動による
釘浮きを抑制します。釘浮きもほって置くと微細な雨水が釘から伝い侵入し長い時間を掛け下地木材を腐食させてしまいます。
シャインではこうした細やか作業を一つ一つ行い、建物の耐久性も確保する塗装工事をモットーに施工しております。


そして上塗り(2回目)を塗布して完了です!

DSC03866-thumb-350x262-1731

DSC03867-thumb-350x262-1733

葛飾区柴又N様邸におきましても日本ペイントの遮熱型塗料「サーモアイSi」を採用して頂きました。
お色はクールダークチョコレートです!

DSC03870-thumb-350x262-1735

DSC03871-thumb-350x262-1737

葛飾区柴又N様邸はお家が非常に大きく、通常1班(2名)で施工するところ5名体制で施工にあたっております!
現在工程は終盤に入っておりあと数日で完工予定となっています。
天候も安定して順調に工程を進めることが出来ました。

完工後に施工完工写真をアップしてまいります!