塗装リフォーム8つの「知ってて得する基本ポイント」|千葉県柏松戸の工事店

一般的な基礎知識はリフォーム会社さんでもホームページに掲載されておりますが、当店ではより掘り下げた、お施主様に知って頂きたい損しない基本ポイントをコラムで掲載いたします。
業者選びに本気になっている方たちでないと、理解しにくい専門情報も掲載しているのであえてコラムで公開させて頂いております。


その1、塗り替えの目安は壁が15年、屋根は10年

 通常、壁の塗装は10年くらいが塗り替え目安とされております。目に見える劣化が10年ごろから始まり、15年程度に1度が塗り替えスパンの目安と言われております。ですが、最近では多色サイディングと言われる柄がキレイなタイル調やレンガ調のサイディングが増えています。この多色サイディングは10年以内に塗装メンテナンスを行った方が良い場合もあります。多色サイディングも結局は工場生産時に塗装もしくはプリントして色を付けいています。この色柄が10年以上経過し目に見えて色あせしてしまってから塗り替えを考えても、クリアー塗装で色が復元しきらずにかえってムラに仕上がってしまう事もあるんです。多色の柄は諦めて単色仕上げでもいいという方は15年ぐらい放置しても大丈夫だと思いますが、やはり10年経ったら一度劣化状態を見てもらった方が良いと思います。特に建売で購入された住宅は、建材コスト、人件費を抑えて建築されているケースが多いので、10年以内に不具合が出ていてそのまま放置すると建材の修復や交換などの必要が発生し、塗り替えメンテナンス時に思わぬ出費が発生してしまう事も有るからです。また、10年以内であれば瑕疵保険の対象になる部分については建築会社が無償で補修を行う義務もあります。ただ、建てた建築会社は、自分の所で施工した瑕疵を簡単には認めようとしない傾向にありますので、第三者的な外装について専門的な診断が可能な会社に依頼したほうが良いと思います。弊社でも建築会社や不良建材メーカーに対応できる瑕疵データをご提供しております。塗ればキレイになるのは確かですが、それがどれだけ長く続くかは、その建材の補修や修復をどれだけ適切に行ったかもポイントになるので、診断する業者選びには特に慎重になって下さい。けして塗料の良し悪しで業者を選ばないでください。
そして屋根ですが、普段目にしにくいので気づきませんが、強い太陽光や雨風に曝されるため、やはり10年前に一度点検を行ってください。2000年以降の建材はノンアス建材と言われる強度の弱い屋根材が出回ってしまいました。この場で建材名を公開する事は控えさせて頂きますが、数種数メーカーの屋根材がメンテナンスしても無駄になるほど粗悪な強度の商品が出回りました。国内1,2の大手建材メーカーの商品です。弊社からの情報によって10年以内であれば、メーカーが無償で屋根の張替え(葺き替え)を行ってもらえたお客様もいらっしゃいますので出来るだけお早目に現状を確認してみて下さい。この情報を知らない塗装会社は普通に塗ってしまっていますが、普段見えない屋根塗装後の数年後の不具合に、いち早く気づけるお施主様がどれほどいらっしゃるでしょうか?塗り替えたからと言って10年安心せず、外壁は異常なしでも屋根は第三者に点検してもらう事を強くお勧めします。
ポイントは「異常な割れ」「建材の層間剥離」「塗膜の剥がれ」です。

その2、塗り替えは全体を見て最適な選択を
 塗装が太陽の紫外線の影響で劣化し、白い粉になるのが「白亜化」または「チョーキング」と呼ばれる現象です。手のひらで塗装面を擦って、白い粉が付いたら塗り替え時のサインと言われます。チョーキングはあくまでも塗膜劣化の初期症状ですので、慌てて塗り替えを考える必要はなく、そろそろ準備してくださいね程度のサインだと思ってください。やはり外装のメンテナンスリフォームは一部分だけの状態ではなく、全体を見て、塗装方法も合わせて判断することが重要です。大きな劣化症状がない場合(たとえば色あせ程度)は、高圧洗浄で洗浄し、上塗りを行うだけで経済的に済む場合もあります。これほど早めにメンテナンスを検討される方は少ないとは思いますが。10年程度経過していれば、通常はやはり下塗りを含めた3回塗りが基本となります。15年程度経過してしまっている場合は、状態によっては、本来は素材強化を含む4回塗りや5回塗りが必要な場合も有ります。塗料メーカーでも脆弱下地に対する塗装方法を説明していますので、詳しくは専門的知識のある塗装会社もしくは塗料メーカーにご相談ください。

その3、屋根塗装は外壁より厳しい目で
 屋根は外壁と比べて塗料の選択や施工には専門の知識が必要です。先ほど上記で記載した内容と重複する内容が殆どですが、他にも、太陽熱を反射して省エネ効果がある遮熱塗料や、耐久性の高い無機塗料など屋根専用の塗料があります。また、屋根の塗装後に雨漏りが起こるケースがあります。これは「縁切り」という工程を甘く見ている事により、経験の浅い業者というよりかは、勉強不足な業者や職人だとこういった対処を怠ったり、もっと簡単な事で言うと工事中に屋根の歩き方が悪く割って傷つけてもそのままという職人もいます。

その4、大幅な値引きの裏に手抜き工事を疑うべし

 塗装工事というのは、リフォーム工事の中でも人件費が重きを占める工事です。一般的な塗料を使用した場合、工事代金のうち塗料代が占める割合は2割にすぎません。足場代も実質はほとんどが人件費ですし、塗装工事はその大半が人件費で占められているのです。塗装は少々の手抜きをしても仕上がりの見た目は素人にはわからないので、大幅な値引きに応じる業者には要注意です。工程をきちんと守り、細かい部分にも手間をかければ、相応な価格になるのは当然です。業者選びは豊富な実績よりも、良い事ばかりのホームページよりも、資格が豊富な会社よりも、工事後のお客様と長い事良好な関係を築いている業者をお選び下さい。点検の実績、アフターフォローの実績がわかる業者なら間違いないと思います。アンケートはその時満足されていればお施主様は良い事を書いてくれます。それよりも年数が経過しても顔を出せる関係の方がずっと満足度が高い何よりの証明になると思います。工事後点検の様子をホームページに公開していない業者は工事件数は多くても後々で何が発生しているのかは見えません。過去にも業界で有名な会社(現在も存在)は、関東で数十の支店を持ち件数実績はトップクラスでしたが、工事後のクレームが頻発し自治体レベルで注意勧告の回覧板が出回ったエリアが有るほどでした。

その5、塗料ごとのデメリットもある
 様々な機能を持つ塗料も、メーカーや業者のセールストークを鵜呑みにせず、デメリットも知っておく必要があります。たとえば、今では標準になりつつあるシリコン塗料も、シリコンの含有量によって商品別の差がありますし、一部の機能性塗料は伸縮性などの性能に弱点があるとも言われます。伸縮性で言えば「微弾性」「弾性」「高弾性」と性能レベルがありますが、塗料カタログ通りの過大評価はせず施工の正確性にも目を配ってください。そして機能性塗料には必ずデメリットが存在しますので、きちんと説明してくれる信頼出来る業者に施工を依頼してください。同じ塗料でもその本来塗料の持つ性能を最大限に引き出すテクニックは業者レベル、技術者レベルで変わるという事を知っておいてください。

その6、”いい仕事”はひび割れの処理方法に対する説明でわかる
 古いモルタル壁には筋状のひび割れが入りやすくなります。小さな隙間でも雨水が侵入しますので下地処理が必要です。上からシーリング剤を塗るだけの場合も多いですが、特に心配な箇所にはヒビに沿って「Vカット」加工をし、十分な深さと幅を作ってから、シーリング剤を塗り込みます。シーリング剤の密着性を良くするためにプライマーと呼ばれる接着剤を塗るなど、見えないところに丁寧な仕事をするのが本物のプロです。Vカットを行う事はひび割れの補修に対してだけで言えば正解ですが、仕上がりの補修跡の見た目に対する説明もないと、補修跡が目立ち過ぎて仕上がりに不満を持たれるお施主様もいらっしゃいます。Vカットを行っても補修跡を目立たせない工法や方法も御座いますがコストはかかります。どのぐらいで着地する事がお施主様にとって適切かを丁寧にヒアリングし説明してくれるかが重要です。


その7、上塗りの2回は常識(素地の劣化状態によって下塗りを2~3回必要とする場合も多いです)
 上塗りは通常2回塗ります。基本的には同じ塗料を重ねて塗りますが、より強く美しく仕上げるためには最低2回は必要なのです。丁寧な作業を確認してもらうために、最初の上塗りの色を少し変えて施工する業者もいます。ここで重要なことは、塗料を決められた濃さに希釈し、十分に乾燥させてから2回目を塗ることにより、はじめてその塗料の持つ耐久性が確保できるということです。
10年程度経過した下地なら、3回塗りは当たり前、状況によっては4回、5回塗りが必要な場合もあると認識しておいてください。過剰に4回塗り当たり前的な表現をされる業者さんもいらっしゃいますが、必要のない4回塗りはお客様の負担になります。適切な根拠のある4回塗り5回塗りなのかを見極める必要が有ります。


その8、優良な塗装業者6つのチェックポイント
 本当は実際に施工してもらった方の年数経過後の良好な関係かどうかが一番ですが、客観的に業者の信頼性を判断するポイントはこの6点です。
1 飛散防止シートや声かけ、挨拶など近隣様への配慮が十分にされている
2 見せかけではない本物の診断書や根拠のある補修方法の説明を明確に行ってくれる
3 見積もりの内訳が坪数でなく塗布面積で積算され、そこから算出できる使用缶数も表記
4 洗浄後の乾燥や下地調整の工程に余裕のある日程を組んでいる。(30坪程度で全体塗装で10日以上)
5 写真できちんと記録を残している
6 大幅な値引きをしない(最初に出てきた見積もりは何だったのか?に気づく)※30万近い値引き