ファイン4Fセラミック

フッ素樹脂塗料をさらに進化させた「ファイン4Fセラミック」

発展途上にあったフッ素樹脂塗料に新たな挑戦が求められました。
より強靭な性能を持ち、耐候性に優れ、環境にも配慮した塗料の開発・・・

そして生まれたのが「ファイン4Fセラミック(4フッ化フッ素セラミック変性樹脂塗料)」

従来の3Fタイプと呼ばれる樹脂は塩素原子による劣化の弱点が見られたため、それを防ぐため、塩素原子のかわりにもう一つのフッ素原子とセラミック変性樹脂(無機系)を加えるという画期的な発想を塗料技術に生かした結果、3Fタイプの弱点を見事に克服出来ました。
ファイン4Fセラミック
従来の3Fタイプの性能をはるかにしのぐ世界初の「ファイン4Fセラミック」が誕生し進化する次世代塗料として注目されはじめました。

過酷な気象条件をクリアする超耐久性

劣化促進試験機で塗膜に強い紫外線を与える試験では、従来の一般フッ素樹脂塗料と比較しても、ファイン4Fセラミックは非常に耐久性が高いことがわかります。
促進耐候性試験結果

ファイン4Fセラミックのライフサイクルコスト

常温乾燥系フッ素樹脂塗料は数ある塗料の中でも高い耐久性を発揮しています。
高機能塗料として、超高層建築公共性の高い大型建築などの改修工事が困難な場面に主に利用されています。

フッ素樹脂塗料に求められているのは、耐久性・超汚染性のさらなる向上です。
ファイン4Fセラミックは、建物のメンテナンス時期の延長・洗浄コストの低減を可能にし、結果的に建物のライフサイクルコストを削減させることにつながるのです。
このことは環境負荷の軽減にもつながります。
ライフサイクルコストの比較

抜群の親水性

構造物の垂直面に表れる雨すじ状の汚れは、構造物の上部に水平面や突起物があり、 その上に塵・ほこり等が蓄積し、雨が降った時に汚濁水となって垂直面を流れおち、 その時に汚れ物質が塗膜に付着する事で生じます。
この雨だれ汚染を防ぐには塗膜表面を徹底的に親水性(水濡れ性の高い状態) にすることが有効である事がわかっています。
ファイン4Fセラミックの塗膜は、従来の塗料の塗膜に比べ高いレベルの親水性を示します。
水濡れ性の指標

汚れを雨で落とすという発想

雨だれ汚染を防止するには塗膜表面を水に濡れやすくすることが最も有効です。
水に濡れやすくなることで、カーボン等の親油性の物質が付着しにくくなるのと同時に、雨水がかかった時に付着した汚れが雨水と一緒に取れるのです。
塗膜と汚染物質のモデル図