茨城県取手市 S様邸 パーフェクトトップ ジョリパッド外壁・屋根・付帯塗装

築年数
12年
坪数
35坪
外壁
パーフェクトトップ  8年   色=1F外壁/ND-152   2F外壁=ND-108 
屋根
サーモアイSi     10年   色=クールグリーン
付帯
防錆形ファインSi   5年   色=こげ茶(255)
目地シール

外観

before1
取手市S様邸 ビフォー

vertical1
after1
取手市S様邸 アフター

外壁塗装

before1
取手市S様邸 外壁塗装

horizontal1
after1
取手市S様邸 外壁塗装

取手市S様邸 外壁塗装
こびりついた埃やコケを水圧で除去していきます。
洗浄で落ちないカビなどがある場合は、除藻剤を使用していきます。
取手市S様邸 外壁塗装
ジョリパッド外壁の一部にパターン(模様)が剥がれて箇所がありました。当然この状態のまま塗装していく訳にはいきません。
浮いている箇所から簡単に剥がれてくるのが予想出来ます。

浮いてしまっているものは除去し、再度模様を付けていきます。
取手市S様邸 外壁塗装
模様を除去すると下地のモルタルが露出してしまいました。
取手市S様邸 外壁塗装
外壁下塗り塗布前に、露出したモルタル部にはモルタル専用下塗材カチオンシーラーを塗布していきます。
モルタルと外壁下塗材との密着を高めてくれます。
取手市S様邸 外壁塗装
模様を除去した部分はこのまま塗装していくとフラットになってしまい目立ってしまいます。マスチックローラーを使用してパターン付け(模様付け)を行っていきます。

取手市S様邸 外壁塗装
パターン付け(模様付け)完了です。

取手市S様邸 外壁塗装
下塗り(アンダーフィラー弾性エクセル)

下塗りには、日本ペイントの「アンダーフィラー弾性エクセル」を使用しました。
シーラー+下地調整の機能がありますので、キメの細かい下地を作ってくれます。
そのため上塗りの吸い込みが少なく、光沢のある仕上がりが得られます。
F☆☆☆☆ですので、環境にも優しい塗料です。
取手市S様邸 外壁塗装
上塗り1回目(パーフェクトトップ)

塗料工業のパイオニアとして知られる日本ペイントの新技術、「ラジカル制御技術」を用いた塗料です。
ラジカルが塗膜に触れるのを抑える事で、紫外線による外壁の劣化を防ぎ、塗装の寿命を延ばしてくれます。
また、ニーズに合わせたしっとりとした落ち着きのある3分つや、つや消しなど、つやの調整も可能です。
取手市S様邸 外壁塗装
上塗り2回目(パーフェクトトップ)

有機溶剤の含有が少ない水溶性塗料ですので、環境に優しい塗料です。
ムラの無いように仕上げ、外壁塗装の完成です。
塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。
屋根塗装

before1
取手市S様邸 屋根塗装

horizontal1
after1
取手市S様邸 屋根塗装

取手市S様邸 屋根塗装
屋根塗装にとって最も重要なのは下処理となる作業です。
最大15Mpaの水圧で、長年こびりついたコケや埃を除去していきます。

北面を中心コケの繁殖が目立ちました。
時間を掛けて丁寧に汚れを落としていきます。
取手市S様邸 屋根塗装
棟包みのケレン

棟包みの板金部についた埃や錆などを、
サンドペーパーを使用して丁寧に除去していきます。

サビの上から塗装してしまう雪止め部分も鉄で出来ていますので、同じようにペーパーヤスリを使用して丁寧にサビや汚れを除去していきます。と、中からまたサビが広がり、塗膜も下地もダメになってしまいます。
こうした細やかな処理が塗布する塗膜の耐久性に大きく影響してきますので非常に重要な工程と言えます。
取手市S様邸 屋根塗装
板金部下塗り

板金部は金属ですので、日本ペイントのファインプライマーⅡを使用しました。
速乾タイプで、優れた防錆性を発揮します。

雪止め部も金属なので、板金部と同じファインプライマーⅡを塗布していきます。

取手市S様邸 屋根塗装
屋根下塗り(サーモアイシーラー)

屋根の下塗りには日本ペイントのサーモアイシーラーを使用しました。
サーモアイシリーズの場合、下塗りにも熱の反射性があります。
また、下地を強固にする役目もあります。
取手市S様邸 屋根塗装
板金部の釘頭にコーキングを乗せ、水の侵入や抜け落ちを防ぎます。
このコーキング処理は新築ではほとんど行われていないため、釘が抜け落ちて強い風や台風などで板金部が飛んでしまったケースも実際少なくありません。
一つ一つの釘頭にコーキングを盛り付けしていきます。
取手市S様邸 屋根塗装
板金部の繋ぎ目にコーキングを打ち、微細な漏水を防ぎます。
既存のコーキングは撤去してありますので、プライマーを塗布し、奥までしっかりコーキングを打ち込み均します。

取手市S様邸 屋根塗装
屋根上塗り1回目(サーモアイSi)

遮熱塗料のサーモアイSiを塗布します。
サーモアイSiは過酷な環境下でも耐候性を保持する事が可能な屋根用の遮熱塗料です。
取手市S様邸 屋根塗装
屋根上塗り2回目(サーモアイSi)


2回目もムラのないように丁寧に塗布していきます。
これで屋根とどうは完成です。
付帯塗料

before1
取手市S様邸 付帯塗装

horizontal1
after1
取手市S様邸 付帯塗装

取手市S様邸 付帯塗装
破風板の塗膜劣化がありましたので、専用の工具を使い弱った塗膜を剥がしていきます。
この作業で、こびりついた埃や油分などを除去していきます。

また、破風板のつなぎ目の部分に劣化がみられましたので、既存のコーキング材を除去し、新しいものに交換していきます。
取手市S様邸 付帯塗装
専用プライマーをたっぷり奥まで塗り込み、プライマーの乾燥時間を厳守した上でコーキング剤を奥まで打ち込みます。
プライマーが完全に乾燥していないと、密着力不足でコーキングが剥がれてきたりして、劣化速度が速まってしまいます。
その日の気候や湿度などによってもタイミングが変わってきますので、よくタイミングを見極めてから打ち込みます。
取手市S様邸 付帯塗装
下塗り(浸透性強化シーラー)

シーラーの塗布量は吸い込みが収まり濡れ感が出るまでです。
劣化した素材が硬く固まるため、上塗り材が強固に密着し長期に剥離を防ぎます。
取手市S様邸 付帯塗装
上塗り1回目(防錆形ファインSi)

防錆形の2液シリコン塗料
『防錆形ファインSi」にて塗装を行います。
専用硬化剤を混合することで下塗りの錆止め工程が不要となります。



取手市S様邸 付帯塗装
上塗り2回目(防錆形ファインSi)

下処理をし防錆形ファインSiを2回塗り重ねる事で、従来の3工程と同等の防錆性と耐久性を持つ塗膜を形成する事が出来ます。
1回目同様、ムラのないように塗布し、破風板塗装は完成です。

雨樋塗装

before1
取手市S様邸 雨樋塗装

horizontal1
after1
取手市S様邸 雨樋塗装

取手市S様邸 雨樋塗装
雨樋は塩ビプラスチック製ですので、足つけ(研磨パッド)による密着処理)を行います。
取手市S様邸 雨樋塗装
上塗り1回目(防錆形ファインSi)

防錆型ファインSiにて塗装していきます。

取手市S様邸 雨樋塗装
上塗り2回目(防錆形ファインSi)

2回目も同様に防錆型ファインSiを塗布していきます。
ムラのないよう、丁寧に塗布したら雨樋塗装は完成です。
その他付帯

取手市S様邸 その他付帯

取手市S様邸 その他付帯

取手市S様邸 その他付帯

使用材料

取手市S様邸 使用材料

取手市S様邸 使用材料

取手市S様邸 使用材料

お客様の声

DSC05001-e1476235067411
築12年、目立った劣化は見られないけどそろそろ一度塗替えをした方が良いのでは?と思い塗装工事を検討されたようです。
ご近所にてシャインが塗替え工事を施工したのをきっかけにお声掛けをして頂きました。
塗装業者を探すにも苦労されたようですが、シャインが施工した近隣さまのお宅を見ていて綺麗に仕上がっていて丁寧に施工してくれる安心できる業者なのではと思ってくださりました。

仕上がりのご希望は新築時の配色を大きく変えたくない、そして屋根には夏の暑さを軽減してくれる遮熱塗料での塗替えを検討されていました。また塗替え後10年間はしっかりと耐久性を発揮して欲しいとのご要望がございました。
今年5月に近隣様でダイヤモンドコートにて塗替え工事をさせて頂きましたのをきっかけに弊社フリーダイヤルにお電話にてお問い合わせ頂きました。

現況調査時に目立った劣化は無い状態でしたが、外壁には軽微なクラック、屋根北側の汚れや付帯部のチョーキングの発生など細かい劣化が出始めていました。
弊社の提出する塗装工事の中身がお施主さまにもしっかりとお伝え出来る「診断書」や「見積書」にも納得して頂けたようでした。

ただ施工中にわたくしどもの不手際で水道のトラブルを発生させてしまいお施主さまには大変ご迷惑をお掛けしてしまいましたが、
*詳細は12月8日付けの現場報告ブログに
施工後はお施主さまも仕上がりに大変喜んでくださいました!

茨城県取手市S様、この度はシャインに初めての塗替え工事をご指名頂き誠に有難うございました。
また施工中のトラブルにも寛大なお気持ち頂けたこと感謝申し上げます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。