白井市 ディプロマットでカバー工法による屋根リフォーム

千葉県白井市 S様 屋根改修工事概要

ビフォーアフター

before1
2016ss01
vertical1
after1
2016ss02
千葉県白井市のS様より、屋根についてのご相談がありました。
お調べしたところ、本来丈夫なアスベスト入りの屋根材に、割れが発生するほど吸水し傷んでおりました。また、前回の塗装を行った業者が手抜き施工をしていた為、塗膜が剥がれ素地が露出していました。板金部も前回の塗装で正しく施工されておらず、塗膜が剥がれている状態でした。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証期間
屋根改修工事 石付きガルバリウム鋼板
D'Sルーフィング ディプロマットスター
色番:テラコッタ
メーカー保証30年

屋根改修工事

2016ss03
2016ss04
丈夫なアスベスト入りの屋根材は、割れるほど激しく吸水しておりました。塗装をしても
完全に割れのリスクを無くすことは難しい状態でした。

2016ss05
2016ss06
塗膜の剥がれが見られる箇所をよく見ると、コケの上に前回の塗料が塗られていました。前回塗装を行った業者が、高圧洗浄や下地調整、下塗りなどを行わず、一発仕上げの手抜き施工を行ったようでした。
そのため、屋根の傷み具合を見るからに早い段階で塗膜が剥がれ、素地が長年吸水していたと考えられます。塗装をしても吸水し脆くなった屋根材を回復することは出来ませんので、今回ガルバリウム鋼板によるカバー工法を行うことにしました。

2016ss07
棟板金撤去
2016ss08
防水シート敷き
カバー工法をするにあたり、高圧洗浄をした後既存の棟板金を撤去します。棟板金を撤去したあとは、新しく防水シートを敷きます。

2016ss09
新しい屋根材設置
2016ss10
コーキング処理
新しい屋根材を設置します。今回は石付きガルバリウム鋼板のD'Sルーフィング「ディプロマットスター」で施工しました。お色は明るいお色のテラコッタを使用しました。

屋根材を葺いた後は、棟板金の下地木材と棟板金を設置します。棟板金に打ち込んだ釘頭には、コーキングを盛り付ける事により経年による抜けの防止や、微細な雨水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にコーキング処理を行いました。

完成

2016ss02
カバー工法によって長年安心して家を守ってくれる屋根になりました。今回カバー工法を施工することで防水は二重構造になり、雨漏りの心配もなくなりました。

千葉県白井市のS様、今回の屋根リフォームでは大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。


【今回カバー工法で使用した屋根材