流山市 パミールの屋根をカバー工法で屋根改修工事

千葉県流山市 K様 屋根改修工事概要

ビフォーアフター

before1
201903nk01
vertical1
after1
201903nk02
千葉県流山市のK様邸の屋根はニチハのパミールで施工されており、吸水した屋根材は層間剥離が起きておりボロボロの状態でした。

パミールはアスベストを含む建材が使用できなくなった際に、薄いスレートを何層にも重ね高温で圧縮する手法で作った屋根材です。しかしパミールは経年で層と層が剥離してしまう「層間剥離」という現象を引き起こしてしまい、早い段階でボロボロになってしまいます。

幸い雨漏りはまだ発生していませんでしたので、葺き替え工事ではなくカバー工法を行うことにしました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
屋根改修工事
カバー工法
石付きガルバリウム鋼板
D'Sルーフィング ディプロマットスター
色番:エバーグリーン
雨漏り10年

現場

201903nk03
201903nk04
層と層を重ねて作るパミールの屋根は、表面に塗装をしても一番上の層から剥がれてしまうので、塗装メンテナンスはできません。K様邸の屋根も既に吸水が進行し、下の層まで剥離していました。

雨漏りの発生は見られませんでしたので、下地木材まで取り替える「葺き替え」工法までする必要はないと判断し、カバー工法を行うことにしました。

屋根改修工事

カバー工法をするにあたり、高圧洗浄をした後既存の棟板金を撤去します。また、カバー工法を行うにあたり屋根に換気口を設置しました。棟板金を撤去したあとは、新しく防水シートを敷きます。

201903nk05
棟板金撤去

201903nk06
防水シート敷き

新しい屋根材は、屋根の形に合わせてカットして設置します。今回新しい屋根材として、石付きガルバリウム鋼板のD'Sルーフィング「ディプロマットスター」で施工しました。お色はエバーグリーンを使用しました。

201903nk07
屋根材設置

201903nk08
完成

コーキング処理

カバー工法を施工する際に、外壁サイディングボード目地のコーキングも一部打ち替え工事を行いました。

201903nk09
201903nk10

完成

201903nk02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県流山市のK様、今回の屋根改修工事では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて大変嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。


【今回使用した屋根材】