柏市 直張りサイディングの補修と外壁塗装

千葉県柏市 A様 外壁塗装・屋根塗装工事概要

ビフォーアフター

before1
201710ka01
vertical1
after1
201710ka02
千葉県柏市のA様のサイディングの外壁は直張りで施工されていました。また、メンテナンス時期を大きく過ぎてしまっていたこともあり、外壁には大きくクラック(ひび割れ)が発生していました。

また、目地コーキングの破断した隙間から雨水の侵入をゆるしているため、サイディングボードが吸水し弱ってきています。これを凍害と言います。この場合コーキングを打替えて雨水の侵入を防ぐのもサイディングボード自体の保護のためにもとても重要です。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 パーフェクトトップ(艶消し)
色番:ND-152
7年
付帯塗装工事 ファインパーフェクトトップ
色番:ブラック
5年
目地シール サンライズ NB-50
色番:アイボリー
破断5年
屋根塗装工事 ファインパーフェクトベスト
色番:ダークチョコレート
7年

外壁補修・塗装工事

201710ka03

201710ka04
直張りのサイディング外壁は凍害を起こし、複数箇所でクラック(ひび割れ)が入っていました。

201710ka05
201710ka06
パテでクラックを補修します。サイディングを留めている釘頭にもパテ処理をします。

before1
201710ka07
horizontal1
after1
201710ka08
外壁のサイディングが浮いていました。

目地部のコーキングが破断→雨水が侵入→濡れたサイディングボードが吸水と乾燥を繰り返す→サイディングが浮いてくる

このように目地部のコーキングを長期間放置したため起きる現象で、直張り工法ですと起こりやすい症状です。
破断してしまった目地部のコーキングを新しく打ち替え、浮いてしまったサイディングボードを直しました。

before1
201710ka19
horizontal1
after1
201710ka10
高圧洗浄と外壁補修の後は塗装をします。今回は上塗りに「パーフェクトトップ(艶消し)」で塗装をしました。お色はND-152を使用し、明るい印象に変わりました。

屋根補修・塗装

201710ka11
201710ka12
棟板金は複数箇所で釘の浮きがみられ、一部棟板金も浮いていました。このままにしておくと強風や台風で飛んでいってしまうので、しっかり固定し直します。

打ち直した釘頭には、コーキングを盛り付ける事により経年による抜けの防止や、微細な雨水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にコーキング処理を行いました。

before1
201710ka13
horizontal1
after1
201710ka14
高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、補修が終わったら塗装作業に入ります。下塗りは、屋根材が下塗り材を吸い込むのが止まるまで下塗り材を塗布し続け、表面に接着剤が出てきたのを確認してから次の塗装をします。今回は仕上げに「ファインパーフェクトベスト」で塗装をしました。お色はダークチョコレートを使用いたしました。

付帯塗装

before1
201710ka15
horizontal1
after1
201710ka16
FRP防水のベランダはトップコートにひび割れがみられましたので、防水塗装をしました。

201710ka17
破風板

201710ka18
換気フード

完成

201710ka02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県柏市のA様、今回の外壁塗装と屋根改修工事では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

【今回外壁で使用した塗料】