柏市 難付着のサイディングボードをUVプロテクト4Fクリヤー3分艶で外壁塗装

千葉県柏市 S様 外壁塗装・屋根塗装工事概要

ビフォーアフター

before1
201906kts01
vertical1
after1
201906kts02
千葉県柏市のS様より外壁リフォームのご相談を頂きました。

S様邸は築8年でサイディングの外壁は通気工法で施工されており、クラック(ひび割れ)もなく良い状態でした。

屋根はノンアスベストの屋根材が採用されていました。初期のノンアスベスト素材は非常に割れやすい傾向にありますが、S様邸のスレート材は強度があるもので割れが見られませんでした。

しかし、築8年目にしてはサイディングボードの目地コーキングの劣化が進んでおりメンテナンスが必要な状態でした。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 UVプロテクト4Fクリヤー3分艶
色番:クリヤー
10年
シーリング工事
目地部:打替え
サッシ廻り:打増し
オートンイクシード15+
1F=トープブラウン
2F=Nホワイトスモーク
8年
付帯塗装工事 一液ファインフッ素UV
色番:ND-155
8年
屋根塗装工事 ファイン4Fベスト
色番:ディープグレー
10年

外壁補修・塗装工事

外壁の状態は良いのですが、サイディングボード目地部のコーキングに紫外線劣化や建物の挙動による凝集破断の症状がみられます。
コーキング機能が失われ始めているサインです。築8年目と考えると劣化が早いので、新築時に使用されたコーキングが良くないものだったかも知れません。

劣化した既存のコーキング材を撤去し、新しくコーキング材を充填して打ち替えを行いました。

201906kts03
施工前

201906kts04
施工後

道路側の2F窓には隙間が発生していました。こうした隙間は塗料を塗るだけでは埋まりませんので、コーキングを充填しました。

201906kts05
施工前

201906kts06
施工後

新築時から約8年経過していますが、「チョーキングしない」「30倍顕微鏡でのチェック」等から、「難付着ボード」である可能性がありました。
難付着ボードの場合、通常の下塗りでは直ぐに上塗りが剥がれてしまう為、専用の下塗り材を塗布する必要があります。
しかし、クリア塗装の場合は下塗り材が入りませんので、クリアが密着するかを事前に塗装テストしなければなりません。

塗装テストを行い、クリアが密着するか確認した後「UVプロテクト4Fクリヤー3分艶でクリア塗装を行いました。

before1
201906kts07
horizontal1
after1
201906kts08

屋根塗装

屋根はノンアスベストの屋根材が採用されていましたが、S様邸のスレート材は強度があるもので割れが見られませんでした。
高圧洗浄でしっかり汚れを除去してから「ファイン4Fベストで屋根塗装をしました。お色はディープグレーを使用しました。

before1
201906kts09
horizontal1
after1
201906kts10

付帯

各付帯も大きな劣化はなく良い状態でしたので、高圧洗浄を行った後塗装を行いました。

201906kts11
破風板

201906kts12
ベランダ

完成

201906kts02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県柏市のS様、今回の外壁塗装と屋根塗装工事では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて大変嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。