柏市 UVプロテクト4Fクリヤーとダイヤモンドコートで外壁塗装

千葉県 柏市 T様邸 外壁塗装・屋根改修工事概要

ビフォーアフター

before1
201909kmt01
vertical1
after1
201909kmt02
千葉県柏市T様より、外壁リフォームのご相談をいただきました。

経年での軽微な汚れやクラック(ひび割れ)は見られましたが、大掛かりな補修はせずに塗装メンテナンスができる状態でした。
タイル調の多彩色サイディングの風合いを残すクリヤー塗装を実施する場合、これ以上外壁の劣化が進むと補修が増え補修跡が目立つため先延ばしは難しい状況でした。

屋根は各所に割れが見られ、塗装メンテナンスをしても割れてしまうリスクがあることから、屋根カバー工法を行いました。

工事内容

工事内容
使用材料
外壁塗装工事
タイル調部:UVプロテクト4Fクリヤー
単色部:ダイヤモンドコート
付帯塗装工事
一液ファインフッ素UV
屋根改修工事
カバー工法
石付きガルバリウム鋼板
D'Sルーフィング ディプロマットスター
シーリング工事
サンライズ NB-50

外壁補修・塗装工事

201909kmt03
施工前

201909kmt04
施工後

紫外線劣化や建物の挙動による凝集破断の症状が見られました。
コーキング機能が失われ始めていますので、劣化したコーキングを撤去し新しいコーキングを打ち替えました。

201909kmt05
施工前

201909kmt06
施工後

下塗りの後、単色部は日本ペイントの高耐久塗料「ダイヤモンドコート」で塗装をし、お色はND-370を使用しました。
タイル調部分はタイルの風合いを残すため「UVプロテクト4Fクリヤー」で塗装しました。

before1
201909kmt07
horizontal1
after1
201909kmt08
タイル調部
before1
201909kmt09
horizontal1
after1
201909kmt10
単色部

屋根改修工事

201909kmt11
201909kmt12
ノンアスベストの屋根は各所に割れが見られました。
補修を行った後、塗装メンテナンスは可能な状態ですが、割れが再発してしまう可能性が高いので今回は屋根カバー工法による屋根改修工事を行いました。

カバー工法をするにあたり、高圧洗浄をした後既存の棟板金を撤去します。
棟板金を撤去したあとは、新しく防水シートを敷きます。
新しい屋根材は、屋根の形に合わせてカットして設置します。

201909kmt13
防水シート敷き

201909kmt14
屋根材設置

屋根材設置が終わった後は、釘頭にコーキング処理をして釘浮き防止をします。
今回新しい屋根材として、石付きガルバリウム鋼板のD'Sルーフィング「ディプロマットスター」で施工しました。お色はカフェを使用しました。

201909kmt15
コーキング処理

201909kmt16
完成

付帯

幕板上部のシーリング、繋ぎ目のコーキングが切れており雨水が微細に侵入していました。
塗装前に割れ部分の補修、防水のコーキング、下地処理を行いました。

201909kmt17
施工前

201909kmt18
施工後

汚れもなく良い状態を維持していましたが、一部隙間が発生していましたので補修を行ってから塗装をしました。

201909kmt19
施工前

201909kmt20
施工後

201909kmt21
破風板

201909kmt22
ベランダ

完成

201909kmt02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県柏市のT様、今回の外壁塗装と屋根改修工事では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

【今回使用した塗料】

【今回使用した屋根材】