茨城県取手市 H様邸 ダイヤモンドコート 外壁塗装

<H様邸 2012年4月>
築年数
20年
坪数
17坪
定期点検
外壁
ダイヤモンドコート 12年

外観

before1
茨城県取手市 H様邸 外壁塗装と屋根塗装の外壁の施工前写真
horizontal1
after1
茨城県取手市 H様邸 外壁塗装と屋根塗装の外壁の施工後写真

外壁塗装 施工工程

茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:高圧洗浄
茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:高圧洗浄
長持ちの秘訣 徹底した高圧洗浄

こびりついた埃やコケを水圧で除去します。 洗浄で落ちないカビなどは、除藻剤で除去しました。

茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:目地のコーキングの打ち替え
茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:目地のコーキングの打ち替え(ならし)
サイディングボードの間にあるコーキング材の劣化は外壁塗り替えのサインです。 まずは既存のコーキング材を全て撤去します。

茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:目地のコーキングの打ち替え(ボンドブレーカーテープ)
長持ちの秘訣 コーキング材の3面接着防止

3面接着しているとコーキングの伸縮の妨げになるため、3面接着防止用のボンドブレーカーテープを貼っていきます。
茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:目地のコーキングの打ち替え(プライマー)
長持ちの秘訣 たっぷりとプライマー塗布

新しくコーキング材を打ち込む前に専用の下塗りが必要です。
サイディングパネルとコーキング材の接着剤の役目をしますので、疎かにはできません。
しっかりと既定の塗布量を塗り込みます。
茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:目地のコーキングの打ち替え(打ち込み)
茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:目地のコーキングの打ち替え(打ち込み)
打ち込む際は、隙間が入らないように奥にしっかり打ち込み、キレイに均します。
使用するコーキング材もサイディング専用の低モジュラス性の物を使用する事が大切です。

茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:クラックのパテ補修
釘頭の塗膜が割れないように、パテを盛ってから塗装します。
こうすることで微振動や地震の影響で割れてしまいがちな釘頭の塗膜が割れにくくなります。
茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:下塗り(浸透性強化シーラー)
素材に浸透して強化してくれる役割をするシーラーという塗料を塗ります。
シーラーは塗布量が大切で、劣化の程度により素材に"濡れ感"が出るまで2度3度と塗り重ねる必要があります。
茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:中塗り1回目(ダイヤモンドコートBS水性)
長持ちの秘訣 塗布量厳守

中塗りです。 塗布量を厳守し、ムラの無いよう丁寧に塗布 します。
ダイヤモンドコートは4回塗り仕上げです。
4回目にUVカットクリヤーコーティングを施すことで塗りたての美しい色艶を10年に わたり維持することが出来ます。
茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:上塗り(ダイヤモンドコートGL水性プレーン)
茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:上塗り(ダイヤモンドコートGL水性プレーン)
長持ちの秘訣 UVカットクリヤーコーティング

最後にダイヤモンドコートの特長の一つである UVカットクリヤーコーティングをたっぷり塗布し、紫外線から塗膜を守り、長持ちさせます。
塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。

使用材料

茨城県取手市H様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:使用材料 2