千葉県我孫子市 K様邸 サーモアイSi 屋根塗装

築年数
15年
坪数
32坪
外壁
パーフェクトトップ 7年
屋根
1F=サーモアイSi 10年
2F=ガルテクト メーカ保証(塗膜10年保証 赤錆10年保証)
付帯
クリーンマイルドウレタン 7年

屋根

before1
千葉県我孫子市 K様邸 屋根 施工前
horizontal1
after1
千葉県我孫子市 K様邸 屋根 施工後

屋根 1F=瓦棒屋根の塗装

高圧洗浄
高圧洗浄2

長持ちの秘訣 徹底した高圧洗浄

瓦棒屋根はベランダのデッキ材を外し、丁寧に汚れを除去しました。
瓦棒屋根の塗装
棟包みやケラバの取り付けで出来たつなぎ目から雨風を防ぐためコーキングを打ちます。
瓦棒屋根の塗装(3種ケレン)
瓦棒屋根の塗装(3種ケレン)2

長持ちの秘訣 徹底した下地処理

前回の塗装ではケレンがしっかりされていなかったようで、砂やほこりと一緒に塗装されており、塗膜が硬く除去するのに時間がかかりました。
下塗り(ハイポンファインプライマーII)
弱溶剤形2液エポキシさび止め塗料「ハイポンファインプライマーII」をむらなく塗布します。
上塗り1回目(サーモアイSi)
遮熱塗料「サーモアイSi」を塗布します。
サーモアイSiは過酷な環境下でも耐久性を保持することが可能な屋根用遮熱塗料です。
上塗り2回目(サーモアイSi)
長持ちの秘訣 塗布量厳守

2回目も1回目同様、ムラなく仕上げ瓦棒屋根塗装の完成です。

屋根 2F=ガルテクトカバー工法

ガルテクト(撤去)
被せ葺きの際に必要のない板金部を撤去します。
ガルテクト(撤去)2
ガルテクト(撤去)3
下地材も撤去します。
ガルテクト (下地防水シート[ルーフィング]の貼付)
弊社では、ゴムアスシートの中でも安い物は使用しません。
大切な下地防水の役目を長期にわたって発揮してくれるために、積雪の多い寒冷地でも使用できるルーフィング材を使用しています。
ガルテクト(谷部分の雨受け取り付け)
ガルテクト(谷部分の雨受け取り付け)2

雨漏りを防ぐため、捨て貼りという下地板を貼りつけます。
ガルテクト(谷部分の雨受け取り付け)3
ガルテクト(谷部分の雨受け取り付け)4
谷になっている部分には、専用の谷部材を取り付けます。
ガルテクト(本体と雪止めの設置)
ガルテクト本体を軒先から傷がつかないように加工し取り付けていきます。
万が一傷ついてしまった場合の補修材もご用意していますが、取付中に傷ついた物は後々では部分交換が出来ないので、その都度差し替えて施工します。
途中、雪止めを決められた位置で固定します。
ガルテクト(本体と雪止めの設置)2
ガルテクト(本体と雪止めの設置)3
本来雨水の入るところではありませんが、 ビス穴からの万が一の水の侵入を防ぐためビス頭にもコーキング材を乗せます。
ガルテクト(棟部分の下地材取付)
ガルテクト(棟部分の下地材取付)2
本体の設置が完了したら、棟板金を留める下地材を取り付けます。
ガルテクト(棟部分の下地材取付)3

ガルテクト(棟部分の下地材取付)4

先端などに折り加工を施し、取り付けていきます。
ガルテクト(棟繋ぎのコーキング)
奥までしっかりコーキング材を打ち込みます。
ガルテクト(棟繋ぎのコーキング)2
ガルテクト(棟繋ぎのコーキング)3
丁寧にならしてマスキングを取り、屋根棟包みのコーキング打ち替えの完成です。
ガルテクト(釘頭のコーキング)
長持ちの秘訣 釘頭にもコーキング

釘頭にコーキングをしなかったために釘が抜けて板金部が飛んでしまったケースも少なくありません。
この細かな処理がお住まいの長持ちに繋がります。
ガルテクト(釘頭のコーキング)2

ガルテクト(釘頭のコーキング)3

ガルテクト(釘頭のコーキング)4
ガルテクト(釘頭のコーキング)5