千葉県柏市 W様邸 サーモアイSi 屋根塗装

築年数
15年
坪数
32坪
外壁
水性シリコンセラUV 8年
屋根
サーモアイSi 12年
付帯
1液ファインシリコンセラUV 7年

屋根

before1
千葉県柏市 W様邸 屋根 施工前
horizontal1
after1
千葉県柏市 W様邸 屋根 施工後

屋根塗装 施工工程

高圧洗浄
高圧洗浄2

長持ちの秘訣 徹底した高圧洗浄

屋根塗装にとっては、最重要なのは下処理となる作業です。
最大15Mpaの水圧で、長年こびり付いた コケや藻を飛ばします。

基本は屋根だけで3時間程度を必要とします。
板金部のコーキング打ち替え
板金部のコーキング打ち替え2

長持ちの秘訣 細かな下処理

既存のコーキングを除去します。
板金部のコーキング打ち替え3
板金部のコーキング打ち替え4

コーキング材との密着力を高める役割をする専用のプライマーを奥までたっぷり塗布したら、空気の入らないようにコーキング材を打ち込み均します。
板金部のコーキング打ち替え5
マスキングを取り完成です。
釘頭の打ち込み
釘頭の打ち込み2

釘の浮きを打ち込みます。
釘頭にコーキングを打ち込み
釘頭にコーキングを打ち込み2

本来雨水の入るところではありませんが、釘穴からの万が一の水の侵入を防ぐため釘頭にもコーキング材を乗せます。
板金部下塗り
板金部にはシーラーではなく錆止めを塗布します。
下塗り1回目 (浸透性強化シーラー)
下塗り1回目 (浸透性強化シーラー)2

スレート材に吸わせて、下地ごと強化する役目があります。
塗布後にぬれ感が出たら、下塗りOKです。
吸い込みが激しい場合には、もう一度 塗り重ねます。(メーカー指定)
縁切り材の挿入(タスペーサー)
縁切り材の挿入(タスペーサー)2
塗替え後の毛細管現象による雨漏りを防ぐための作業です。
縁切り材の挿入(タスペーサー)3
指定の場所に既定数を挿入して完了です。
また挿入後は目立たず、美観を損ないません。
下塗り2回目 (サーモアイシーラー)
下塗り2回目 (サーモアイシーラー)2

日本ペイントのサーモアイシリーズの場合下塗りにも熱の反射性が有ります。
下地を強固にする役目も有ります。
吸い込みが激しい場合には、もう一度塗り重ねます。(メーカー指定)
上塗り1回目 (サーモアイSi)
上塗り1回目 (サーモアイSi)2
遮熱塗料「サーモアイSi」を塗布します。
サーモアイSiは過酷な環境下でも耐久性を保持することが可能な屋根用遮熱塗料です。
上塗り1回目 (サーモアイSi)3
上塗り1回目 (サーモアイSi)4
板金部にもムラなく塗布していきます。
上塗り2回目 (サーモアイSi)
上塗り2回目 (サーモアイSi)2
塗り残しやムラがないよう慎重に塗布していきます。
上塗り2回目 (サーモアイSi)3
上塗り2回目 (サーモアイSi)4
綺麗に仕上がりました。
雪止め設置
雪止め設置2
最後に雪止めを決められた箇所に設置して屋根塗装工事完了です。