千葉県野田市 O様邸 水性シリコンベストⅡ 屋根塗装

<O様邸 2014年2月>
築年数
19年
坪数
28坪
施工部位
【コーキング打ち替え】【外壁塗装】【外壁部分交換】【屋根塗装】【軒天張り替え】【ベランダ防水】【付帯塗装】笠木、水切り、雨戸、霧除け、その他
外壁
水性シリコンセラUV   保証8年
屋根
水性シリコンベストⅡ  保証8年
付帯
一液ファインウレタン  保証5年

屋根塗装

before1
千葉県野田市 O様邸 外壁塗装と屋根塗装の屋根の施工前写真
一度も屋根塗装を行っていないのでコケの繁殖が全体に
horizontal1
after1
千葉県野田市 O様邸 外壁塗装と屋根塗装の屋根の施工後写真
確かな塗膜厚を形成した屋根塗装完工後
ツヤが反射し、雪止めがないと雪がすぐに滑ってしまうほどです。

屋根塗装 施工工程

高圧洗浄
屋根塗装にとっては、最重要なのは下処理となる作業です。
最大15Mpaの水圧で、長年こびり付いたコケや藻を飛ばします。
通常は屋根だけで3時間を必要とします。
千葉県野田市O様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:棟包みの釘の打ち込み
棟板金部を止めている釘が少し飛び出してしまっています。
このまま放っておくと釘が外れ、強い風や台風で板金部が飛ばされてしまう恐れが ありますので、飛び出している釘を打ち込みます。
千葉県野田市O様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:釘頭のコーキング
釘頭には、抜けを防ぐためにコーキングを盛り付けます。
この工程は弊社では標準で行っております。
積水ハウスさんのメーカー塗り替えでは標準で行っている工程でもあり、気遣いの工事です。

コーキング処理は新築ではほとんど行われていない為、釘が抜けて実際に板金部が飛んでしまったケースも少なくありません。
千葉県野田市O様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:棟包みのコーキング
千葉県野田市O様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:釘頭のコーキング
長持ちの秘訣 板金部には防錆プライマー

棟板金部にはケレン後にシーラーではなく防錆プライマーを塗布します。
ジョイント部のつなぎ目のコーキングは古く固くなっていることがほとんどですので、打ち替えを行います。



千葉県野田市O様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:下塗り1~2回塗り(ファイン浸透シーラー
千葉県野田市O様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:下塗り1~2回塗り(ファイン浸透シーラー)
スレート材に吸わせて、下地ごと強化する役目があります。
塗布後にぬれ感が出たら、屋根塗装 下塗り工程がOKと なります。吸い込みが激しい場合には、もう一度塗り重ねます。(メーカー指定)

棟包みのコーキング
棟包みのコーキング
4寸勾配以下の場合は、ダブル工法を推奨。 塗替え後の毛細管現象による雨漏りを 防ぐための作業です。
近年では屋根塗装時のタスペーサーは外装専門店の中では、ほとんど標準化しています。
知識が乏しいリフォーム会社や昔からの工務店では知らない担当者も多いので、知り合いに頼む場合には確認が必要かもしれません。

上塗り1回目(水性シリコンベストⅡ)
屋根塗装の上塗り1回目です。
水性シリコンベストⅡはコストパフォーマンスに優れていながら、シリコン樹脂によって従来の屋根塗料よりも耐候性が高い塗料です。 
既定の塗膜厚が重要なので塗布量を計算し、ムラなく丁寧に塗りこみます。
上塗り2回目(水性シリコンベストⅡ)
屋根塗装の仕上げです。
1回目同様に塗布量を考え塗膜厚をしっかり考慮し塗装します。