千葉県柏市T様邸  屋根下塗り後クラック補修

DSCF3254
見えづらいですが線が入ってるこちらが「クラック」という屋根が割れている写真になります。
DSCF3255
屋根下塗り後クラック補修を行っています。
(下塗り後の方が密着がいいため補修を後に行っています)

DSCF32561
専用慣らし材で厚みを付けながらコ―キングを慣らしていきます。
(薄く慣らしてしまうと再発してしまうためです)

DSCF32571
コ―キング補修完成の写真がこちらになります!!
補修が終わったら次は中・上塗りを行っていきます。
次はいよいよ色の付いた中塗りを行います。
どのような色になるのかわ次回お見せしたいと思います!!!