東京都豊島区にて日本ペイント戸建塗替えセミナーに参加してきました。

昨日、東京都豊島区にて日本ペイントの塗り替えセミナーに参加してきました。

50名ほどの参加者の方々と日本ペイントの最新塗料とその特徴、そして今や新築住宅に使用されている
外装材でシェア80%を占める窯業サイディング材に対する診断方法などの勉強会です。

弊社は、【日本ペイントのダイヤモンドコート認定施工店】として常日頃から日本ペイントさんの定例会に参加しておりますので通常の業界関係者よりも、いち早く情報を知る事が出来るのですが、復習も兼ねて何か気づきが有るのではと積極的に勉強会には参加させて頂いております。

今回、改めて気になった事が有りまして、
それは最近の種類豊富なサイディング、特に高意匠多色サイディングの中に難付着ボードなる物が増えてきていると言う事でした。
サイディングパネルも10年前とは比較にならないぐらい性能が大幅に向上し、「汚れが付かない」「色褪せない」「20年耐久」などの高機能コーティングが施されたタイプのサイディング使用率が最近では60%ほどに登るそうです。

そういった高機能サイディングのデメリットとして、塗替えメンテナンス時に今までの塗り替え用の塗料では付着不良を起こし、塗装が剥がれたりしてしまう可能性が高くなるそうです。

近々、築10~15年程で塗替え時期を迎える建物には、そういった難付着系のボード使用されている事が多くなるので、今までより一層専門的な診断が必要だなと感じました。

今回の記事の最後の方に必要な基本的診断工程表の写真をアップしましたので、塗替えの際に業者選びの参考になるのではないでしょうか?

ここまで多様なタイプの外装材が出てくると、それだけ適した診断も難しくなります。
「今までずっとこの方法で問題ないから大丈夫」といった経験則のみでの判断は通用しない時代です。
弊社はそもそも「サイディング塗替え診断士」や日本ペイントの「リウォール診断士」など診断にはかなり力を入れた提案をさせて頂いている塗装施工店ですが、これからはますます診断項目を増やして徹底診断に力を入れて行きたいと思います。
日本ペイントセミナー1
席の最前列にて勉強会の様子を撮影

日本ペイントの社員さんが熱心に説明されていました。
この講義内容は新製品塗料【パーフェクトシリーズ】の説明でしたが、弊社ではすでに多くのお施主様にご提供させて頂いている塗料ですので、復習を兼ねて聞かせて頂きました。
最大の特徴は【一般シリコン塗料より安価】で【一般シリコン塗料より性能が上】といった所です。


塗替えガイドブック
各資料です。
復習を兼ねて改めて目を通すと、一つや二つ新たな発見てあるものです。


窯業サイディング診断
今回の勉強会で最大の収穫は、この多色サイディング系に良くある【難付着ボードかどうか】の診断方法です。
見た目には全く同じでも表面のコーティングが【無機コート】や【光触媒コート】が施されているタイプが有るそうで、サイディングメーカー最大手のニチハでいうと【マイクロガード】というオプションで付けられるコーティングも該当するそうです。
万が一上記写真の様な診断を行った結果、難付着ボードと診断された場合でもご心配なく。
日本ペイントさんでは既に難付着ボード専用下塗り剤が開発済みで
「ファインパーフェクトシーラー」と命名されて発売されております
この下塗りさえ使用すれば各種上塗り材に適応する為、たとえ難付着ボードでも塗り替えメンテが可能となります。※ただし、光触媒コートが施されたサイディングボードに関しては、クリアー塗装は対応出来ません。

過去に、弊社で診断させて頂き難付着ボードだと判明した場合には、何件か塗り替えをお断りさせて頂かざるを得ない場合もございました。
それでもお施主様は大丈夫だと言ってくる塗装業者の方が多い為に、数の力には勝てず大丈夫だと信じて塗装をされていました。数年後には、近くを通りかかるだけで判断出来てしまうぐらい剥がれが始まっていましたが、一向に塗り直す気配もなく、おそらく施工した業者になんだかんだと理由づけされて諦めてしまったのでしょう。

そんなお施主様を増やさない為にも、この難付着ボード診断をより正確なものとし、専用下塗り剤の存在を最大限活かして、お施主様が迷う事なく弊社をお選び下さる様なご提案が出来るよう、シャイン品質をもっともっと高めていきたいと思います。