断熱と遮熱の違いとは

断熱と遮熱という言葉は一見すると同義語のように扱われ、その違いを理解されない事が多いです。

しかし、これらには明確な違いが存在しています。

遮熱というのは、その言葉通りで「熱を遮る」というです。

しかし、遮るだけで内側に溜めこむ事は出来ず、外に逃げてしまいます。

そのため、例えば家の屋根に遮熱効果があったとしたら、あくまでも遮熱は熱を反射するものにすぎないのです。

つまり、夏は涼しいですが、冬は寒くて堪らない、という状況になってしまいます。


それに対して、断熱は冬場にも大活躍します。

住宅内外の熱移動をシャットアウトしてくれるため、断熱は熱が伝わりにくくなって、まるで魔法瓶のようになります。

つまり、外からの熱も伝わりませんが、中からの熱も逃さない状態に出来るのです。

夏は外の暑さを遮って、冷房が逃げないようにしてくれますし、冬は外の寒さを遮って、暖房の熱が逃げないようにしてくれます。

このように、両者には明確な違いがありますが、遮熱をすれば、冬も快適に過ごせると勘違いしている人が結構いるようです。

快適に過ごしたいのなら、断熱するをおすすめします。


--------------------------------------------------------------

千葉県千葉市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------