屋根の寿命は素材によって異なります!


家の外観の雰囲気を決める屋根は、
家に降る雨や吹き付ける風、強烈な太陽の紫外線などから
家や家族を守るとても大切な役割があります。

屋根が劣化してしまうと、家の内部に雨や風などが入り込み、
家の内部の構造体まで傷みが広がってしまいます。

そのため、屋根が傷んでいないかどうか確認し、
傷みを発見した場合には、早い段階で修理をしたり、
屋根を掛け替えたりする事が大切です。


屋根の寿命は素材によって異なり、
トタン屋根は15〜20年と耐久性が低いため、
家が建っている場所にもよりますが、
10年から15年に一度は掛け替える事が必要です。

トタン屋根の寿命を延ばすためには、
定期的に点検を行い、塗り替えをする事が有効なのでおすすめです。

地震対策に有効なスレート屋根は20〜25年、
セメント瓦は30〜40年もつと言われており、
寿命は長いのですが、台風や強風などで傷んでしまう場合もあるので、
定期的に点検を受けると良いでしょう。


伝統的な日本瓦の場合、100年以上もつと言われています。

丈夫で、耐久性に優れていますが、
古くなっている場合には、専門の業者に見てもらう事で、
メンテナンスの時期が分かり、安心して暮らす事が出来ます。



--------------------------------------------------------------

千葉県船橋市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------