色の面積効果ってなに?

外壁塗装をする際、色を選ぶことはもちろんとても重大な事です。
そこで色の面積効果について知っておくと、効果的な色選びができたり、色選びの失敗を防ぐ事ができます。


色の面積効果とは、色がどのくらいの面積を占めているかによって、見え方が異なる人間の目の錯覚の事を言います。
この効果が働くと、面積が小さいところでは暗く濃く見え、逆に面積が大きいところでは薄く明るく見えます。


小さな色見本で見たときと、実際に家全体に塗ったときとでは、家全体に塗ったときの方が明るく見えてしまうのです。
ですから、明るい色を屋根や外壁に塗ると、かなり明るくなってしまいます。
色見本の雰囲気だけで選んで、家全体に塗ったとき「明るすぎる」ということにならないように注意しましょう。


また、同じ色であっても塗る場所によって、イメージが異なります。
ですので、たとえば家をツートンカラーにする場合、比較的狭い面積に使う色、比較的広い部分に使う色、それぞれの面積効果を考えましょう。


「思ったより二つの色の違いがはっきりしすぎている」またはその逆に「二つの色の違いの効果が思ったより出ない」といった事のないように注意が必要です。


--------------------------------------------------------------

千葉県船橋市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------