色の面積効果をご存知ですか?

住まいのリフォーム工事などをする場合には、
壁を塗装したりするという機会も出てくるものですが、
ペンキ塗料の色というのは、
「実際塗った後の色が、色見本で見る色と違う!」
ということも珍しくありません。

そのギャップはどうして生じてしまうのかといいますと、
面積が大きくなるほど色は明るくなるという特徴があるからなのです。

これは色の面積効果と呼ばれているものですが、
様々なところでこの現象を感じることもあるものです。

ですから、外壁の色などを決める場合には、
色見本で見て少し暗いかなと思われる色を選ぶくらいにしておいた方が、
仕上がりとして理想のものに近づくと言うことが出来ます。住まいのリフォーム工事などをする場合には、
壁を塗装したりするという機会も出てくるものですが、
ペンキ塗料の色というのは、
「実際塗った後の色が、色見本で見る色と違う!」
ということも珍しくありません。

そのギャップはどうして生じてしまうのかといいますと、
面積が大きくなるほど色は明るくなるという特徴があるからなのです。

これは色の面積効果と呼ばれているものですが、
様々なところでこの現象を感じることもあるものです。

ですから、外壁の色などを決める場合には、
色見本で見て少し暗いかなと思われる色を選ぶくらいにしておいた方が、
仕上がりとして理想のものに近づくと言うことが出来ます。

見本で見て、「この色が大好きなので絶対これが良い!」と思ったものにしてしまうと、
塗って完成した壁をみてがっかりしてしまうということにもなりかねませんので、注意が必要です。

逆に、トイレや洗面所など狭いスペースの場合には、
見本と近い仕上がりになることも多いのです。
見本で見て、「この色が大好きなので絶対これが良い!」と思ったものにしてしまうと、
塗って完成した壁をみてがっかりしてしまうということにもなりかねませんので、注意が必要です。

逆に、トイレや洗面所など狭いスペースの場合には、
見本と近い仕上がりになることも多いのです。


--------------------------------------------------------------

千葉県船橋市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。
https://shine-paint.com/

--------------------------------------------------------------