色の面積効果をご存知ですか?


塗装を行う際や、建材を選ぶ時には色を決めますよね。

様々な色の中からペンキや床材の色を選ぶ時、小さな色見本を見て決めるか、カラーシミュレーションをして決める事だと思います。

カラーシミュレーションが出来れば良いですが、色見本しか無かった場合には気を付けて欲しい事があります。

小さな色見本を頼りに色味を決めた場合、実際に広い面積にそのペンキを塗ったり、床材を貼った時に、イメージが違う、と感じてしまう事があります。

これは、「色の面積効果」によるものです。


「色の面積効果」とは、面積によって同じ色でも色味の見え方やイメージが違ってくる効果をいいます。

明るい色は、面積が大きくなるにつれて、いっそう明るい色に見えますし、反対に、暗い色は面積が大きくなるにつれていっそう暗く感じるのです。

この事をふまえて、広い面積に使う色を決める時には、明るい色は、欲しい色よりも少し落ち着いた色を、また、暗い色は、欲しい色よりも少し明るい色を選ぶように心掛けましょう。

そうすれば、実際の出来上がりの色味が、自分の欲しかった色のイメージに近くなり、残念な思いをする事が少なくなりますよ。

--------------------------------------------------------------

千葉県市川市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------