シーリングの劣化に注意しましょう


シーリングの劣化を気にした事はありますか?

外壁塗装をするときは外壁の状態にばかり目が行きがちですが、実は外壁と同じくらいシーリングの状態を確認することが重要になります。

シーリングは、サイディングボードを張り合わせる時の継ぎ目や建物の間にある隙間がある時にその部分に埋め込むゴム状のものです。

シーリングも外壁と同じように紫外線に当たると劣化をしてしまいます。

しかし表面的な劣化が無いので、見極めが難しいという特徴があります。

劣化した事に気付かずに放置しておけば、シーリングはひび割れたりやせ細ってしまい、劣化した部分から雨が侵入してしまうことがあります。

家は湿気に弱いですから、雨水などが隙間から入り込むと建築資材を傷めたりしてしまいます。

家の内部にまで湿気が広がって悪影響を与えてしまうこともあり、生活し辛く家そのものの価値を落としてしまうことに繋がってしまいます。

シーリングは劣化に気付きにくい部分ですから、外壁塗装工事を行う時は同時に打ち替えや打ち増しをしてもらうといいでしょう。


--------------------------------------------------------------

千葉県柏市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------