いつやる?外壁塗装を行うタイミング|柏市の外壁塗装

 

龍ケ崎市W様邸

 

 

 

いつかやらなければ…と思いながらも手付かずの外壁塗装。専門的な知識はないし、具体的に外壁塗装をした方が良い時期さえわかれば行動に移せるのに、と思っていませんか?

具合的に外壁塗装が必要な時期がわかれば、適した時期に外壁塗装を行い、大切な家を守り続けることができます。また、外壁塗装のための資金準備であったり、スケジューリングであったりをスムーズに進めていくことができます。

 

今回は、外壁塗装を検討するサイン、外壁塗装に適した時期についてご説明いたします。このコラムが、適切な時期に外壁塗装を行い、家を大切にしながら住み続けるベースとなれば幸いです。

 

 

 


コラムのポイント

・築10年経った、外壁に劣化の症状が現れている、という場合は外壁塗装の時期です。
・外壁塗装は1年中いつでもできます。ただ、春夏秋冬それぞれの時期の良さや注意点があるのでそこを配慮して行いましょう。
・必要な時期に必要な外壁塗装を行わなかった場合、耐久性や防水性の低下を招き、家の劣化につながります。必要な時期を把握して外壁塗装を行い、大切な家を守りましょう。


 

 

 

 

 

 

 

こんな症状が見られたら、外壁塗装の検討を


 

 

龍ケ崎市W様邸

 

外壁塗装は、いつやったらいいのかわからない…という方はとても多いものです。目安は築10年、前回の外壁塗装やリフォームから10年、と言われています。

 

住宅の外壁の多くに使われているのが窯業系サイディングボードです。セメントを主成分として作られており、防水機能がないために塗料を施すことで防水性を持たせています。その塗料には効果が持続する耐用年数というものがあり、この耐用年数を過ぎてしまうと、塗料の持つ防水や断熱機能が失われてしまいます。そのため、使っている塗装が把握できているのであれば、耐用年数にあわせて外壁塗装をするようにしましょう。

 

ただ、耐用年数を過ぎていないのにも関わらず、以下のようなサインが表れてる場合にも外壁塗装は必要です。自宅の外壁にこのような症状がないか、チェックしてみましょう。

 

 

症状① チョーキング現象

 

牛久市T様邸 外壁塗装

紫外線や直射日光、雨、風などが原因で、塗料はだんだんと劣化していきます。塗料が劣化し、成分がチョークの粉のように表面に付着している状態のことをチョーキング現象といます。子どもの頃、外壁を触って手が白くなったという経験はありませんか?それはまさに、外壁の劣化のサインだったのです。

チョーキング現象が起きている、ということはすでに塗料の耐久力は失われています。なるべく早めに外壁塗装を行いましょう。

 

 

症状② 色あせ

 

佐倉市S様邸 外壁塗装

新築当初に比べて外壁の色が変わってきた、こんな色ではなかった、全体的にくすんできた気がする…というのも劣化のサインです。これは外壁の塗膜に特に劣化が見られなかったとしても、塗料や塗膜の劣化が始まっているために現れる症状です。

 

 

症状③ ひび割れ

 

つくば市M様 外壁補修

専門家でなくても、見てすぐにわかるのが外壁のひび割れです。まだ小さいヒビだから、といってひび割れを放置しておくととても危険です。隙間から雨水が入ることで構造材にカビが生えたり腐食したりしてしまい、住宅の強度が下がってしまうのです。

場合によっては、塗装の表面にヒビが入っているのではなく、壁そのものにヒビが入っている可能性もあります。ヒビを見つけた時はそのまま放置しておくのではなく、外壁塗装業者に点検や補修を依頼することも視野に入れておきましょう。

 

 

症状④ 雨漏り

 

守谷市M様 外壁ケレン・補修

雨漏りも外壁の劣化のサインです。塗料の効果はほとんどなくなっているために起こっており、外壁に雨が浸み込んでしまっている可能性があります。雨漏りの場合、塗装の劣化だけでなくヒビや破損によって雨が浸み込んでいることも考えられるので、こちらも早めに外壁塗装業者に点検や補修を依頼しましょう。

放置していると、内装材や構造の劣化や家自体の耐久性の低下を招く危険性があります。

 

 

今は症状が現れていなくても、後々に現れてくることは十分考えられます。こまめなチェックを行い、確実に塗装をすることができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

外壁塗装に適した時期


 

鎌ケ谷市Y様邸

 

外壁塗装をする場合、工事に適した時期があります。気候がいい時期がもちろん適していますが、春夏秋冬それぞれの季節にメリットがあります。

 

 

 


 

春は穏やかな気候で気温も20℃前後になる為、温度適正の面で言えば外壁塗装に適した時期と言えます。。この時期に外壁塗装を検討する人は多いので、自社職人の専門店となると現場スタッフ数の限界があるので、早めに計画を立てておかないと予約ができなかったり、工期が延びてしまったりする可能性はあります。

逆に言うと、この時期にすぐに着工できるところは誰構わず下請け、孫請職人に外注している会社かもしれませんので、現場品質に差が出やすいと言えます。人気の時期は人気の職人にも限りがあるので、大手になるほど注意が必要です。

ただ、近年では、エリアや日よりによっては塗装中に花粉やPM2.5の付着を気を付ける必要があり、風も強い日が多いので近隣への配慮も慎重になります。あまりに風が強い場合には中止になる日も増えます。

 

 


 

温度適正という観点で言えば平均気温が高いので下地に対する塗料の密着は向いています。気温の高さから塗料の乾きも良く、自動車塗装で言えば、焼き付け塗装(高温下で塗装する事で付着を強くする)の効果も得られます。

6月からの梅雨の時期は、どうしても雨が増えるために工事ができず、工期が延びる可能性があります。

急なゲリラ雷雨を予想して現場工程を調整する必要があるので、水性塗料などは乾燥するまでは雨で溶けてしまうので注意しながらの塗装になります。

 

 

 


 

少しずつ空気が乾燥してくるものの、気候も穏やかで塗装をしやすい季節です。最近は9月10月に本格的な台風も多いため、工期が延びるだけでなく、足場の補強やネットの脱着を余儀なくされるケースが秋口に多くなっています。

穏やかな日が続くイメージな反面、台風が来てしまうと対策が必要になるので、一概に一番いい時期とも言えませんね。

 

 

 


 

空気が乾燥しているため、塗料がよく乾くと間違った知識を持つ業者もいますが、洗濯物を外に干して乾きが早い時期はいつかをイメージしてもらえば冬が乾燥が早くない事はお分かりかと思います。一般的に塗料の乾燥には空気中の湿度よりも、気温が大きく関係するということです。そのため、乾燥は遅く、気温が低い朝夕など塗装が出来ない時間帯も出てきます。(南面はOKでも北面はNGなど)

最近の住宅塗装は、水性塗料や湿気反応硬化型なども主流になるので、一概には言えませんが、その時期の気温、湿度に合わせた方法で塗装できるかが重要で、まさに何を使うかよりも誰が扱うかが業者選定のポイントになると言えます。

住宅の塗装はメーカー問わず、5℃以下では塗装不可になっていますので、冬場でも工期10日以内とか夏場と変わらずに作業している業者はそこを知らないので後々で塗装品質に影響が出てくる可能性が高くなります。

また、他の季節と比べると、日照時間の関係でただでさえ作業可能な時間が短くなり工期がかかる可能性があります。また霜や積雪で工期が延びる可能性もあります。

 

 

 

このように、一見、季節ごとの特徴に見えがちですが結局のところどの業者に頼むかが最も重要ではないでしょうか。

そこを参考にしながら計画を進めるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

外壁塗装がなされないことの危険性


 

松戸市H様邸 外壁塗装

 

外壁塗装は外壁だけでなく、家そのものを守る大事な役割があります。防水性や断熱性、遮熱性など様々な機能があり、その機能をフル活用して守ってくれるのです。しかし、的確な外壁塗装がなされていなければ家を守れなくなってしまう可能性があります。

 

 

外壁の耐久性がダウンしてしまう…

 

外壁は、常に雨風や直射日光などの刺激にさらされています。その刺激に耐えるのが、耐久性の高い塗料の役割です。

どれだけ綺麗な状態を維持していても、塗料の効果が薄れると耐久性はダウンしてしまいます。外壁の耐久性が下がると、水が染み込んだり構造そのものが痛んだりと家そのものの劣化を早めてしまいます。

 

 

防水性がダウンしてしまう…

 

外壁は、元々水分や湿気に弱いものも多く、塗装することで防水性を高め、外壁を守っています。耐用年数が過ぎたり、劣化によって塗料がはがれてきたりすると、一気に防水性は下がり水に弱い家になってしまいます。水が染み込む事はカビや腐食の原因にもなり、家の劣化を早めるきっかけになります。外壁塗装によって、しっかりと防水機能を維持し続ける事が大切です。

 

 

断熱効果が下がってしまう…

 

家を建てる時に、こだわって断熱材の工夫をし、最適な断熱性能を得たとしても、屋根や外壁塗装を怠ってしまうと断熱効果にも影響が出ると言われています。

外部から雨水が侵入し、断熱材に水分が含まれると、一度断熱材に含んだ水分は密閉されている為、長期的に蒸発できない状態になります。すると、壁面の内部では、水分をたっぷり含んだ断熱材になり、断熱効果を妨げる一因になりますし、さらには水分を含んだ断熱材は湿気や結露も発生させ、その周辺の内部木材などを腐食させる原因にもなってしまうのです。

ですので、外壁塗装などの外装メンテナンスは想像よりも内部に影響を及ぼすので、適正時期に適切なメンテナンスを行う必要があります。

 

 

 

 

 

 

タイミングがわからなければ専門家に相談を


 

2019年事業計画説明会

外壁塗装はいつやったらいいかについては、なんとなく理解できたでしょうか。

築10年経ったかどうか、外壁になんらかの症状が現れているか、をまずは目安に計画を立ててみましょう。

外壁塗装にはまとまった資金が必要になります。それなのに、やる必要性がわからなかったり、本当に効果があるのかどうかがわからなかったりするため、敬遠や後回しにされてしまいがちです。そうしてしまう気持ちはよくわかりますが、タイミングを見計らってしっかりと外壁塗装を行うことで、家を健康な状態で守ることができます。また、後々の修繕費やトータルの外壁塗装費用も大きく異なってくるでしょう。

 

お見積りや外壁診断は、無料で行っています。少しでも外壁塗装の検討を視野に入れていらっしゃるのであれば、お気軽にお問い合わせください。