チョーキング現象とは?

外壁の表面を手で擦ったときに、手に白い粉がつく現象のことをチョーキング現象と言います。
これは塗装の防水効果がなくなると起きる、とされておりいます。


では、どうして塗装の防水効果がなくなってしまうのでしょう。
それは外壁の塗装面は常に日光や風雨にさらされ続けているためです。
ちなみに塗装の防水効果が維持されている段階では、手で擦っても何も付ず、埃や汚れが付着するだけです。


そして、チョーキング現象を放置すると、ヒビが入ったり、カビが生えてしまいます。
ヒビが入ると建物の耐久性は著しく低下しますし、建物内部に雨水などが侵入する恐れも高まります。
またカビは、人体の健康性を著しく損ねる要因であり、アレルギーの原因にもなり得ます。
こうなってしまっては安全性の高い住宅とは言えなくなってしまいます。
ですからチョーキング現象を見つけたら、すぐに対処を行う事が大切です。


ただしチョーキング現象が発生しているからと言って、壁が崩れるとか、壁を取り換えなければならないと言うことはありませんから、悪徳業者には注意が必要です。


--------------------------------------------------------------

千葉県流山市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------