雨どいが壊れる理由とは

雨どいが壊れる理由には、いくつかの原因があります。

一つは、雨どいにゴミがつまったり、傾斜正常でないで雨水が溜まり、雨水の重さによって壊れてしまうパターンです。

ゴミに詰まりは、水が集まる部分に落ち葉や鳥の糞などが蓄積されるで発生し、水が上手く排出されなくなります。

雨どいの傾斜は、きちんとした状態であれば右か左に水が流れるように角度がついていますが、何らかの理由で水平になったり本来と逆側に傾いてしまうがあります。

多少の雨であれば問題とならないケースもありますが、大雨の時だと対応出来なくなり破損してしまいます。

雨どいを留める金具が緩んでいるなどの症状によって引き起こされているが多く、適切な角度に戻すで排水が行われるようにします。

経年劣化による割れが起こるもあり、20年以上使用された雨どいに見られるケースが多いようです。

この場合は、寿命によって壊れてしまっているので、業者に依頼して雨どいの交換をするといった対処が必要です。

その他、雨どい同士の継ぎ手の部分や、風や雷、雪などによって破損する事もあります。


--------------------------------------------------------------

千葉県八千代市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------