付帯部とは?付帯部塗装は必要?

付帯部(付帯部分)とは?

18050701
住宅の外壁塗装というと、屋根や壁面の塗装が思い浮かびますよね。
外壁塗装をする際、屋根や壁面と一緒に塗装する箇所に「付帯部(付帯部分)」という部分があります。
外壁塗装について調べているとよく目にしたり、見積もりに記載されたりしている「付帯部」ってなんだろう?塗る必要はあるの?
今回は「付帯部」は一体どこの部分なのか、付帯部を塗装する必要性をご紹介します。


付帯部(付帯部分)ってどこ?

付帯部(付帯部分)は大まかに壁面と屋根以外の細かい所の事をいいます。
具体的に以下のようなところを付帯部といいます。

18050702
付帯部には軒天、破風板、鼻隠し、雨樋、換気フード、ポスト、庇(ひさし)や水切りがあります。

古い住宅は付帯部が多いことがあります。
また、エアコンのホースやガスメーターの配管なども、付帯部として塗装することもあります。


付帯部の代表的な場所

18050703
軒天は軒下から真上を見た際にある天井のことをいいます。
外からは見えづらいので、美観が目的ではなく劣化を防ぐための目的で行うことが多いです。
軒天は雨水や湿気がたまりやすい場所なので、劣化が進むとシミや色あせではなく、カビやコケといった症状がでてきますので
外壁塗装の際に合わせて塗ることをおすすめします。

18050704
雨樋は屋根から流れる雨水を集めて、地面や下水にに誘導するための設備です。
雨樋は外からよく見えるので、外壁塗装だけをした場合雨樋の汚れが目立ってしまいます。
美観を保つためにも、外壁塗装と一緒に雨樋の塗装をすることをおすすめします。

18050705
窓の外につける扉のことで、雨や風を避けるためにつけます。
雨戸は暗くなってから閉めるので、塗装を見送る方もいらっしゃるかも知れません。
雨戸や戸袋は金属でできているので、劣化が進むと錆や汚れが目立ってしまいます。
新品に取り替えるとなると、余計な費用がかかってしまいますので外壁と合わせて塗装をしたい場所です。

18050706
破風板と鼻隠しは屋根のすぐ下の部分のことをいいますが、雨樋が付いている部分は鼻隠しと呼ばれます。
屋根の先端を守る役割をしていますので、雨や紫外線を浴びて最も傷みやすい部分です。
破風板にシーリングがされている場合は、シーリングの劣化も合わせてチェックしましょう。
建物を守るためにも、しっかりと塗装をしておかなければならない場所です。


それぞれ付帯部分の塗装の目的は違いますが、どの箇所も外壁塗装と合わせて塗装するメリットがあります。


どうして付帯部塗装が必要なの?

18050707
付帯部は必ずしも「すぐにぬらなければ家がダメになる」ということはありません。
ではなぜ付帯塗装をしたほうがいいのでしょうか?

付帯部は、素材が木製や鉄製、塩化ビニール製など様々ですが、塗装することで家の寿命を延ばすことにつながります。
付帯部は太陽光の紫外線や、熱、雨などで劣化していきます。
耐久性、耐食性を考えると新しいものに交換することが一番ですが、高額な費用がかかってしまいます。
反りや破断してしまうと交換が必要になってしまいますが、塗装し直すことによって安価で済み、長持ちさせることができます。


96e09b3d9d425139459a42b08746f890_s
また、外壁や屋根だけを塗装してきれいにすると、付帯部の傷みがどうしても目についてしまいます。
建物の美観を保つためにも、外壁塗装と一緒に付帯塗装をすることをおすすめします。
シャインの基本プランには、付帯塗装も含まれております。付帯塗装も劣化が進んでいれば適切な処理を行います。
シャインこだわりの付帯塗装は、コチラで紹介しておりますのでぜひご覧ください。

外壁塗装が終わって足場を撤去してから、付帯部の劣化が気になり付帯塗装をしようとしても、場所によっては足場を組み直す必要があります。
付帯塗装のためだけに足場を組み直すと、足場代が再度必要になりますので非常にもったいないです。

外壁や屋根は目立つ部分なので劣化に気付きやすいですが、他の付帯部に関しては、なかなか塗り直しの必要性に気付きません。
長期間安心して住める家にするためにも、外壁塗装の際はぜひ付帯部も合わせて塗装してください。




(有)シャインは千葉県柏市を中心に、北はつくば市や土浦市、西は墨田区、南は千葉市や市原市、東は成田市や富里市など、多方面からもご相談だけでなく、外壁塗装や屋根リフォームに関する工事依頼を頂いております。