雨漏りの原因と対策方法は?

雨漏りの原因と対策方法は?

180424016
経年劣化による外壁塗装や屋根のご相談の他に、お客様からご相談の多い「雨漏り補修」
雨漏りを見つけてしまった場合どうすればいいの?どのようなことに注意すればいいの?
今回は、雨が多くなる季節の前にぜひチェックしていただきたい、雨漏りについてご紹介します!


雨漏りが起きやすい場所

雨漏りがしやすい場所について、それぞれ確認しておきましょう。

18042402
雨漏りで最も多いものが屋根からによるものです。
きちんと施工されていない場合は、新築でも雨漏りをしてしまいます。
また、台風や大雨の後に雨漏りを起こしてしまうこともよくあります。

18042403
窓からも雨漏りすることがあります。窓と壁の間にすき間ができていると、雨水が侵入して雨漏りを起こしてしまいます。
その他、施工不良や経年劣化で雨水が入りやすくなります。
天窓は特に雨漏りしやすいので、シーリングが劣化していないか定期的にチェックしましょう。

18040507
サイディングの目地のシーリングが劣化していたり、外壁にひびがはいったまま放置しているとそこから雨水が入ってきてしまいます。
前回の塗装から10年経ったら、メンテナンスを検討してください。

18042404
建物の構造上、ベランダ(バルコニー)が突出しておらず、2階ベランダの下に居室がある場合は雨漏りの被害が大きくなります。ベランダが突出している場合でも、雨漏りで建築材が腐食してしまいますので注意が必要です。
また、ベランダは屋根と同じく雨風にさらされる上、人の出入りがあるので塗膜が剥がれやすくなります。
塗膜が剥がれたところからはひび割れが発生しやすく、ひびが入ってしまうとそこから雨漏りをしてしまいます。また、排水口の詰まりも雨漏りの原因になります。


その他、給排水管劣化による雨漏りもあります。


雨漏りの原因

18042405
雨漏りはなぜ起こるのでしょうか?雨漏りの原因は大きく3つに分かれます。

  • 雨や台風、地震など自然環境によるもの
  • 経年劣化
  • 施工不良

  • 台風や地震など原因が明確な場合以外は、雨漏りをしていてもどこから雨漏りをしているのか、なぜ雨漏りをしているのか原因を特定するのは困難です。


    18042406
    最終的に雨漏りではなく「漏水」または「結露」が原因だったというケースもあります。
    もちろん、雨漏りとそうでないものでは修理方法も変わってきます。

  • いつもと同じように水を使っているのに、水道代が高くなった
  • 水を使用していないのに、水道のメーターが回っている

  • という場合は雨漏りではなく漏水の可能性があります。
    専門の業者に問い合わせて、しっかり原因を調査して正しい補修をしてもらいましょう。


    意外と多いベランダからの雨漏り

    18042407
    「あれっ天井にシミがある・・・もしかして屋根から雨漏り!?」
    天井に雨漏りによるシミができていると、多くの方は屋根からの雨漏りを想像するかと思います。
    ですが、屋根からではなく、実はベランダからの雨漏りだった!ということが多くあります。

    「雨漏りしているけれど、ベランダ下に居室がないしお金もかかるしすぐ直さなくていいかな?」
    と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、放っておくと補修の費用が余計にかかってしまうだけでなく、腐食によりベランダが破損するなど危険が伴う場合もあります。

    18042408
    18042409
    上の写真のベランダは、ベランダ外壁が劣化し内部に雨水が侵入し腐食しています。ベランダ内部も外部も腐食がひどく、ベランダ外部のサイディングは手で簡単に剥がれるほど劣化しています。
    このまま放置しておけばベランダの床が抜け落ちる可能性もあります。
    これが1階だったらシロアリの被害に遭っていたかも知れません。
    このように、ベランダの雨漏りは放っておくと非常に危険ですので、ぜひ早めに対処してくださいね。


    180424010
    また、ベランダで特に気を付けていただきたい場所が、排水口排水溝周りになります。
    排水口周りはベランダの雨水が通過するので、劣化しやすい場所です。
    劣化しやすいだけでなく、排水口や排水溝にはゴミが溜まりやすく、放っておくと水はけが悪くなってしまいます。まめにお掃除をして、排水口や排水溝がつまることがないように気を付けましょう。

    ベランダの雨漏りは先程申し上げた床や排水口以外にも、手すりなどの金属周りなどあらゆるところから発生します。
    特にマンションやアパートの集合住宅は、些細な雨漏りでもトラブルに発展してしまいます。「あれ?」と思ったら早めの対策をしましょう!

    自分でできる雨漏りチェック

    180424011
    自分である程度雨漏りをチェックすることも可能です。以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 目視で屋根材がずれていたり、割れたりしているかどうか。
  • シーリングが剥がれていないか。
  • 外壁が割れたり、ひびが入ったりしてないか。

  • 天井から雨漏りをしているからと、屋根に登るのは大変危険です
    落下して怪我をする危険だけでなく、屋根材を傷めてしまう可能性があるので
    屋根に登ってのチェックは専門の業者にまかせましょう。


    雨漏りしてる場所を見つけたら?

    雨漏りしている場所を見つけた場合は、どのように対処すればいいのでしょうか?

    9907d17c8b4ff83d29718291e51ec73b_s
    ホームセンターなどで手軽に購入できるブルーシート(ビニールシート)をかぶせておきましょう。
    このとき大きめのブルーシートで、広範囲にかぶせることをおすすめします。
    かぶせた後は、風で飛ばされないようにテープでとめたり、重りを置いてしっかり固定しましょう。
    先程も申しましたが、一般の方が屋根に上るのは大変危険です。一時的な補修であっても必ず業者に依頼してください。
    ビニールシートはあくまでも応急処置で、根本的な解決になりません。早急に専門の業者に問い合わせしてくださいね。

    180424013
    雨漏りの補修によく使用されるシーリング材は、ホームセンターに行けば簡単に入手できます。
    しかし、安く済むからと自分でシーリング材を使用し雨漏り補修するのはおすすめしません。
    雨漏りしている箇所が1箇所でなかったり、ふさいではいけないところまでシーリング材で埋めてしまったり、
    自分で雨漏り補修をした場所が原因で、別の雨漏りを発生させてしまう場合があります。
    雨漏りは見た目だけでは原因がわからないことが多いので、自分で直そうとせず専門の業者に依頼しましょう。

    180424014
    雨漏りが発生してしまった時に、状況をできる限りメモにとっておきましょう。

  • いつから雨漏りしているか
  • どのような時(天候など)
  • どこから雨漏りしているか
  • 漏れている水の量、水が落ちてくる速さ

  • 以上のことをメモにとっておくと、調査や雨漏り補修の際に大変便利です。


    最後に

    180424015
    雨漏りが起きると、雨漏りだけにとどまらず、2次災害と言われるカビ・シロアリなどの被害が発生してしまう場合があります。
    水はわずかな隙間から建物内に入り、いろいろな物を伝って流れ室内にしみるので、原因を突き止めるのは簡単ではありません。
    シャインでは「赤外線サーモグラフィ」など、建物を傷付けない検査機械を使用し雨漏りを調べます。シャインのサーモグラフィを使用した雨漏りの検査については、こちらもあわせてご覧ください。
    しかし、様々な検査機械を用いても、最終的な判断は長年の知識と経験に基づく目視によるところが大きいです。
    雨が多くなる季節になる前に、気になる場所があればシャインまでお気軽にご相談ください!




    (有)シャインは千葉県柏市を中心に、北はつくば市や土浦市、西は墨田区、南は千葉市や市原市、東は成田市や富里市など、多方面からもご相談だけでなく、外壁塗装や屋根リフォームに関する工事依頼を頂いております。