柏市 外壁塗装 H様邸 養生 外壁下塗り

気温が20°Cを越え、カラッとして絶好の塗装日和が続いています。

本日は、塗装前に塗らないアルミサッシや...

外壁塗装が終わった後に塗装する雨樋や飾り帯・鉄部を、「マスカー」という

専用のガムテープに長〜いビニールがついた養生道具や、ブルーシートロールを

使って、くるんだり包んだりして保護しています。(養生作業)

imgslooProImg_20130309192957

H様邸は駐車場スペースが防塵塗り床仕上げになっていますので、写真の様に塗装工事により傷付いたり汚れない様ブルーシートを使って、保護します。

imgslooProImg_20130309192954

キレイなブルーシートで見た目にも気を使い丁寧に作業をします。

また窓や基礎廻りなども外壁塗装 3〜4工程が終わるまでの3〜5日の間に

強風などで養生ビニールが破けたり、何処かへ飛んで行ってしまわない様に

ピンと張って包みます。

 

それともう一つ、夜間お家の方々や近隣のお家が寝静まる頃にビニールが

バサバサと音を立て、ご迷惑を掛けない為にも可能な限りピンと貼るのです。

imgslooProImg_20130309192951

養生を見れば、その塗装業者の仕事の良し悪しが解ってしまうモノなんですよ。

どうせ汚れるモノなんだからとぞんざいな配慮の無い、または作業性を考えない養生は見た目にも良くないばかりでなく、時には滑ったり引っかかったり、思わぬ事故や怪我にも繋がりかねません。


これからの時期は暑くなり、ビニールを貼りっぱなしですとお家の中の方々は大変息苦しく辛い思いをされてしまいます。

 

そんな時は普段居らっしゃるリビング、お風呂場の窓などは常時換気出来る様に、工夫してビニールを貼ったりもします。

 

エアコンやガス・換気扇など、普段通りにしなければなりません。

 

ただでさえお家の周囲に足場やメッシュシートがあり圧迫感を感じる方も多いのにビニールで塞ぎっぱなしで、

夜はバサバサとうるさいのではたまったものじゃありません。

 

ですから、細かな気配りで出来るだけお家の方々の負担を軽くする事も喜ばれるプロの仕事なんだと思います。