我孫子市 N様邸 屋根塗装 錆止め

こんにちは。
朝晩の冷え込みは厳しいですが、日中は、穏やかで気持ちの良い天気ですね。

さて、今日は、屋根のお話しをしようと思います。

imgslooProImg_20130305180630

N様邸のように一般的に主流なのが、コロニアル、カラーベスト

などと呼ばれる、セメントを板状に固めた素材でできています。


先だってお話ししたように、カラーベストは飲ませるように下塗りプライマーを塗りますが、

写真のように屋根には棟板金という鉄製(または、塩化ビニール被覆鋼板)の覆いがあるのです。

 

当然鉄製ですので、錆びてしまいます。

ですから棟板金には、写真のように錆止めを塗っていきます。

仕事を知らない塗装屋さんは、面倒くさがってカラーベスト用の

下塗り材を一緒に塗ってしまう事がありますから、要注意ですよ。

 

素材に合わせて適材適所に施工をしないと、塗り上がりに大差はなくとも、

年数が経つと大きな違いが出てくるわけです。


弊社では、施主様にわざわざ報告しなくとも、下の写真のようにアンテナの架台にも傷んでいる、いないに、

関係なく錆止めを塗っています。

アンテナの錆びが流れて、屋根に錆び汚れが着いてしまうのを防ぐ目的もあるのです。