柏市 屋根外壁塗装 H様邸 下地処理

こんにちは。今日は風が強く吹いた為外壁の塗装は見合わせ、軒天 破風
軒樋の塗装、屋根の中塗り等にきりかえました。

H様邸の破風板は不燃ボード系の素材で、その上にリシン材が吹き付けてあります。

アンテナを張るためのステンレス製の針金が刺さっており、雨水が
針金を伝い、徐々に破風板に染み込み表面を酷く劣化させてしまった様です。


アンテナ自体は、もう使っていらっしゃらないということで今回撤去しました。

後は、吸水してグズグズになった、破風を綺麗に収めればよいのですが、
塗装でどうにかなるレベルの劣化ではないので今回は思い切って

板金を加工して取り付ける事にしました。

imgslooProImg_20140131204743


imgslooProImg_20140131204742


imgslooProImg_20140131204741


imgslooProImg_20140131204740


imgslooProImg_20140131204738

このように、貼り付けた板金の周囲に雨水が侵入しない様にガッチリとシール材を充填して、シール材が乾いた後、既存のリシン模様を復元するためにゆず肌模様を付け、破風板を塗装すれば
今後10〜15年はメンテナンスフリーにになると思います。

明日は風も止むと思いますので、下地処理の為の遅れを取り戻すべく色付け工程の中塗り、その他を進めてまいります。



Posted from するぷろ for iOS.




imgslooProImg_20140131204735