外壁塗装の色選びのポイント!

外壁塗装の色選びのポイント!柏・松戸市の外壁塗装ならシャインにおまかせください。
00273834f1c1dc02ecdb9b6f9ce03f42
外壁塗装や屋根塗装、お住まいの塗り替えをご検討した際に「費用や価格」はもちろん「業者選び」の他「どんな色にしようかな?」という色選びがとても重要になってきます。
外壁塗装をした後は10年程その色のままなので、住んでいて楽しくなるような素敵な色にしたいですね。
今回は「外壁塗装の色選び」のポイントについてご紹介します!


外壁塗装の塗り替えをするとなると「色選びに失敗したらどうしよう」「我が家にはどんな色が似合うのかな?」といった悩みや「今までの家のイメージを変えてみたいけど大丈夫かな…」という不安が生まれてしまうと思います。
せっかくの外壁塗装の塗替えはしっかりコツとポイントを押さえて、ご自身のイメージした色で失敗や後悔をしないようにしましょう!



外壁塗装の色選びで失敗しない為の6つのポイント

①ご家族やご自身でどんなイメージにしたいのか書き出してみる

②イメージした色がご自身の家に合うかを考える

③近所の家や街並みを見て回り、調和させるのか目立たせるのかを決める

④色見本(カラーサンプル)は室内の蛍光灯ではなく、外の太陽光で確認、朝、昼、夜に色を確認する

⑤どんな塗装にしたいのか業者にしっかり要望を伝える

⑥塗装の前に試し塗りをしてもらう

まずは①~③をしっかりご家族で話し合い、候補の色が見つかったら④~⑥をチェックしてみてください。


①どんな仕上りにしたいか書き出す

外壁塗装の塗替えで一番多い失敗は「イメージと出来上がりが違った」というものです。
外壁の色は柔らかい雰囲気の優しい色でまとめるナチュラルな感じから、はっきりした色でメリハリ付けるモダンな感じ等いろいろあります。
イメージ通りの外壁にするためにも、ご自身のイメージやご家族で話し合ったことを書き出してみると、ぼんやりした考えがよりまとまります。
また、施工業者さんへ要望を伝える際の資料にもなります。


②イメージした色が家に合うか考える

屋根と外壁の色によって家のイメージは作られています。
ですので、外壁の色を決めるときはつい外壁のことだけを考えてしまいがちですが、
「色を変えられない部分」との相性を考えることもとても重要です。

色が変えられない部分は主に以下のものになります

・アルミの玄関ドア
・サッシ
・窓枠
・アルミ製のベランダ

主に、これらのアルミ建材やステンレス建材などが使用されている部分は一般的に塗装を行わないケースがほとんどです。


少し踏み込んだ専門的なお話になってしまいますが、アルミ製でも、焼き付け塗装仕上げのアルミサッシ系は比較的塗り替えが出来る工事店もいますし、専用プライマーを使用すれば、ステンレスでもアルマイト加工品でも塗装は出来ますが、一般的に現場塗装には向いていない条件などがあるのでお勧めはしておりません。

ですので、
色を変えられない部分と、塗りたい色やデザイン、質感が合うように外壁の色を選んでみてくださいね。


③近所の家や街並みを見て決める

60bdddd0c498ac10e9266afcd321906f
好みの色がある程度決まったら、お住まいの家の近くを散歩してみましょう。
向こう3軒両隣や、道路の向かい側3、4軒の写真を撮影して、周りの住宅との色のバランスを考えます。

ご近所に気に入った色があれば、色名をご近所に聞いておくこともオススメです!
聞けない場合は写真に撮っておいて、業者に色味を見てもらうのもひとつです。

周囲の環境を見た後はご自身またはご家族で周囲の住宅の色と同調させるのか、
目立たせるのかなどイメージの統一をするためぜひ話し合ってみてください。


また、立地条件も大きく影響しています。
大通りに面しているのであれば、真っ白ではなく汚れが目立ちにくい少し濃いめの色を選択肢に入れてみてください。
また、地域によっては景観ガイドラインがあることで、塗装できる色が限定されていたりするので、確認してみて下さいね。

④色見本やサンプルは外の光で確認

色見本やサンプルは外の太陽光で確認しましょう!蛍光灯の下と太陽光の下では見え方が異なります。
陽当たりが良い時と、夕暮れ時などで比較するとよりイメージが作りやすくなります。

確認の際はメーカーで用意してくれるA4以上の大きな色見本やサンプルで確認しましょう。

人にはまったく同じ色でも、小さな面積で見た場合と大きな面積で見た場合とで見え方が違う色の錯覚があります。
これを色の面積効果といいます。
せっかくカタログやシミュレーションで決めた色でもいざ家に塗装して全体の仕上がりを見た時に、思っていたより明るいとか薄いと感じてしまい、トラブルになる事が意外と多いようです。

カタログやシミュレーションを最終的な色決めにしてしまうのではなく、実物の色見本を用意してもらい、外で見て最終確認をしましょう。今の家の現状と比べてどうなのかも比較してみるといいと思います。
できれば、すでに希望の色の外壁を使っているお宅があれば参考にしてみて下さい。

⑤業者に要望をしっかり伝える

塗りたい色が決まったらあなたが希望する塗装はどのようなものか、塗装業者へ詳しく説明しましょう。
色見本で好きな色を伝えたり、好きな色の組み合わせを伝えたり、ご自身のイメージする写真を見せるとより具体的に業者に伝えることができます。

シャインではファイリングした塗装事例をお持ちいたしますので、こちらもぜひご覧下さい!


⑥塗装の前に試し塗りをしてもらう

いろいろ相談してサンプルも何度も確認したけれど、どうしても決まらない!
シャインではそのような時にはテスト塗装も行っておりますので、お気軽にご相談下さいね。

特に多彩色塗装を行う場合などは、カタログに頼らず、外壁塗装工程の前に、どんな感じになるのかのイメージをつかんで頂くために事前着色サービスも行っておりますので、最終的にどうしても決まらない場合は自社の職人が柔軟に対応させて頂きます。


最後に…

今回は「外壁塗装の色選び」についてご紹介させていただきました。
屋根・外壁塗装は面積が広いからこそ、けして安くないリフォーム工事なので気軽に何度もできるところではありません。

大切な外壁塗装を失敗しないよう、じっくり時間をかけて吟味して下さいね。
こちらのページでは家のテイスト別におすすめの色を紹介していますのでぜひご覧ください。

ご不明な点やご相談がございましたら、いつでもシャインまでお問い合わせ下さい!


(有)シャインでは千葉県柏市を中心に、北はつくば市や土浦市、西は墨田区、南は千葉市や市原市、東は成田市や富里市など、複数の地域からご相談はもちろん、外壁塗装や屋根リフォームに関する工事依頼を頂いております。