外壁塗装の塗料でおすすめの塗料は?

180215011

外壁を塗り替える際に使用する塗料。でもたくさん種類があって何がいいのかわからない…。
塗料を選ぶ際は色や表面の仕上がり具合、予算が気になりがちですが一番大切なのは耐久性とコストのバランスです。

安い塗料を選んでしまうと劣化が早く次の塗装までの期間が短くなってしまい、工事費用はかえって高くなってしまいます。

今回は外壁塗装の塗料でおすすめの塗料をご紹介します。

8fe1dc82c92cc3f0f153f51328c83db6

以前「外壁塗装の塗替え時期(耐用年数)はいつ?」でも紹介しましたが、塗料の種類の中で一番人気なのが
シリコン系塗料ラジカル系塗料です。
価格と耐久性のバランスがよく、コストパフォーマンスにすぐれています。

とはいってもシリコン塗料・ラジカル塗料にも非常に多くの種類があり、多くのメーカーが製品化しています。

中にはシリコン塗料中のシリコン含有量が多い、少ないで高品質、低品質を判断する業者もいますが、
品質に関して言えば基本的に大手メーカーである日本ペイント、関西ペイントの塗料であれば性能も品質も安心できます。

もちろん、大手塗料メーカーでなくても、
KFケミカルの無機塗料や、
日進産業の断熱塗料ガイナなど、
機能性に優れた塗料は存在しますし、当社でも実績ベースで安心してお勧めできる塗料です。

どの塗料にも言える事ですが、対象となる建物とお施主様のお考え方に適しているかどうかが重要で、メリットばかりを見るのではなく、10年後、20年後の地政学的リスクやライフスタイルに合った塗料の説明が私たち外装専門業者の役割だと考えています。

塗料は気温・湿度・希釈率・工法など、あらゆる条件が揃って初めて塗料本来の持つ性能を発揮できます。

どんなに高性能な塗料でも、扱い方を一つ間違えば簡単に剥離したり、3年程度で色褪せたりしてしまいます。

シャインでは、お客様に今どのような状態なのか、どのような対処をすればいいのかなどの診断書・企画書の提出を行っております。

また、外壁面への塗料の密着度合いがあやしそうな場合には、無料のお見積り時点で、密着テストを実施して間違いないご提案を心掛けております。

お客様に安心してお任せいただけるよう、そして後々でダメでしたとならない様な、しっかりとした知識と技術で10年後もご満足し続けて頂けるために必要な事だからです。

★必見★
外壁塗装専門のシャイン
一押しの塗料!

その1 ダイヤモンドコート

18021502

大手塗料メーカーである日本ペイントが開発したダイヤモンドコート。
こちらは美観を保つ上で最上級の塗料です。
その秘密は
UVカットクリヤーコーティング
UVカットクリヤーコーティングとは日焼けなどが原因で初期の美しい色艶が色褪せないよう、車や携帯電話に施されている塗装です。

外壁にも同じような塗装をしたらどうか…?そこから考え出された塗料なんです。

車や携帯電話などの工業製品は艶出しや塗料の色落ちを防ぐために、塗装の最終仕上げとしてクリヤーコーティングという塗装を施しています。そのため艶と強度があり、十何年と色を保持します。
それに比べ、戸建ての外壁塗装はクリヤーコーティングのない、以下のような「下塗りを含めた3回塗り」が主流です。
下塗り中塗り上塗り の3回塗り

最近では塗装業者の知識レベルが上がってきているので、
下地が悪い場合には下塗りが2回必要になる
事も一般的になってきました。

そうすると最低塗装工程な計4回が正しくなります。

ただ上記の下塗り2回というのは、あくまで塗膜の剥離を防ぐための工程なので、最終工程にクリヤーコーティングを施していないため、日焼けなどが原因で次第に色落ちし、新築の美しさを徐々に失ってしまう事に変わりはありませんね。

ダイヤモンドコートは3~4回塗りのさらに最終工程に、新開発のUVカットコーティングを塗装しています

これにより従来の塗装に比べ、高いレベルでの色あせ防止はもちろん、汚染の防止、藻・かびの防止にもなりますので、いつまでもきれいな外壁を保つことができるんです。

ダイヤモンドコートのさらなる秘密については、こちらもご覧ください!



また、最近は本当におしゃれなお家が多くレンガ調の壁も増えていますよね。
ですが従来の塗り替えではレンガ調の意匠は塗りつぶれてしまい、それまでとはまったく異なる意匠になってしまいます…。
burik1

そこでダイヤモンドコートブリックシステムの出番です!
「ブリック」とは「レンガ」のことをいうのですが、「ブリックシステム」はレンガ調の目地の部分を塗り分けることでレンガのような出来栄えになる目地有り塗装のことをいいます。

ダイヤモンドコートによるブリックシステムでの塗り替えは、「目地のある2色塗装」という従来の塗り替えとは全く異なる、目地を活かした高い技術が必要な施工方法になります。

そのため日本ペイントが数日間にわたる研修・実習を行い、そこで技術を認定された施工店のみができる特別な施工なんですよ。

千葉県北部・茨城県南部エリアでは、弊社のみが唯一施工を認められております。
ダイヤモンドコート認定施工店

最高の技術で施工する、最上級の塗料はぜひシャインにおまかせ下さい!

またダイヤモンドコート店専用のオリジナル塗料は、あらゆる塗装バリエーションに対応しております。

一般的なモルタル壁から、先程ご紹介したレンガ調のサイディング壁まで幅広い外壁の塗り替え、目地のある2色塗装など様々なパターンもお気軽にお問い合わせ下さい。

もちろん複合外壁にも対応可能しております。色や艶の度合いまでお客様のお好みに合わせることができますので、どんどんご要望をお聞かせ下さいね。


その2 パーフェクトトップ

パーフェクトトップは日本ペイントがラジカル塗料として開発した塗料で、耐候性と、仕上がりにすぐれた塗料です。
耐候性とは塗料が紫外線、雨風などに耐えられるかどうかを指します。耐候性が高いものほど長い間塗り替えずに済みます。


パーフェクトトップはなんといっても「リーズナブル」!
耐久性の比較としては
d3ad458f8ed7f1ae6c73a9169414d4d12
[耐久性が低い] シリコン塗料 < ラジカル塗料 < フッ素塗料<無機塗料 [耐久性が高い]

上記のように無機塗料が一番耐久性が高く、ラジカル塗料であるパーフェクトトップはフッ素塗料の次の耐久性になります。
しかし、フッ素塗料の次に耐久性があるのに、価格はシリコン塗料とほぼ変わりません。

今までシリコン塗料が主流でしたが、こちらのパーフェクトトップはシリコン塗料より耐久性があり、それでいて費用はシリコン塗料並みです。

シリコン塗料と値段がほぼ変わらないのに、シリコン塗料より長持ちしてキレイ!
だからリーズナブルなんですね。

耐久性が高い秘密については、こちらで詳しく紹介していますのでぜひご覧ください!

・非常にきれいな光沢
パーフェクトトップは非常にきれいな光沢を出すことが出来ます。また光沢が長期間続くので、長い間汚れがつきにくいと言えます。
汚れにくくきれいな塗膜を保つことができるので、外壁の寿命も長持ちします。
もちろん、お客様のニーズに合わせたしっとりとした落ち着きのある3分つや、つや消しなどの調整も可能なのでご相談ください。

・防カビ、防藻性が高く汚れにくい
親水化技術という、塗膜表面を水になじみやすくする技術が用いられています。
そのため、汚れが外壁についてしまったとしても雨が降る事で、雨水が外壁と汚れの間に入り込んで汚れを洗い流してくれます。
また、バイオ技術により防藻や防カビ機能を発揮し、カビ菌などの発生をおさえます。
北側等の湿気が溜まりやすい外壁でもカビや藻の心配が無くなります。清潔な外壁が長期間続くのは嬉しいですね。


その3 GAINA(ガイナ)

日進産業が開発した塗料のガイナ。なんとJAXAの断熱材技術のアドバイスを受けて、ロケットの先端部に使われている塗料を一般の建築用に改良した塗料なんです!
ガイナの最大の特徴はなんといっても
「断熱効果」
「遮熱効果」の両方を
合わせ持っていることです。
a1130_000410_m

「断熱効果」と「遮熱効果」って一緒じゃないの?と混同してしまいがちですが
「断熱効果」は外の熱が室内に入りにくくなり、また室内の空気の熱が外へと逃げにくくなることです。

この効果により夏は熱が室内に入りにくくなるので涼しい室内環境に、冬は暖房で暖めた室内の空気の熱が外へ逃げにくくなり、暖かい室内環境になります。

「遮熱効果」は太陽エネルギーを反射して温度上昇を抑えることをいいます。

熱を室内に伝えないので温度の上昇を防ぐことが出来るのですが、断熱と違って室内の暖かい空気を外に逃がさない働きはありません。
ですので、夏の暑さ対策にバッチリの効果になっています。

現在、断熱や遮熱効果のある塗料はいくつかありますが、ガイナは断熱と遮熱両方の特徴を合わせ持っているので省エネ効果を発揮してくれます。

こちらでは検証実験の画像も合わせて、ガイナの「熱」に対する解説を詳しく紹介しておりますのでぜひご覧ください。

また、ガイナの塗装面は大量のセラミックで隙間なく覆われているため、効率よく音を反射するだけでなく、制振効果によって音を軽減します。
話し声や生活音などの建物内からの音漏れをおさえることができるのはもちろん、自動車や電車の音といった外からの音を和らげることもできるので静かな暮らしを送ることができます。
音に関する詳しい解説はこちらでご紹介しておりますので、騒音が気になる方はぜひチェックして下さいね。



熱や音だけでなく、なんとガイナには消臭効果もあるんです!
建物内で浮遊しているホコリ・チリ・花粉・タバコや料理の煙。これらはプラスの電気を帯びることで、浮遊して室内の天井や壁に付着してしまいます。

しかしガイナは帯電性(電荷を帯びること)0.0の性質を持っており、汚れが付着しにくい特徴があります。
さらに、ガイナ塗料のセラミックはマイナスイオンを発生する働きがあり、マイナスイオン化した空気中の水分が、空中に浮遊する汚れを結合して下に落とす効果もあるので空気を清浄にするのです。

ガイナを建物内装(内壁・天井)に塗装するとこのように消臭効果・空気質改善効果を発揮し、過ごしやすい室内の空気環境をつくってくれるんです!
こちらでは消臭効果のメカニズムや効果を動画でわかりやすく紹介しております。



・防露効果
寒い時期に気になる「結露」。窓ガラスや壁面がびしょびしょになってしまいますよね…。
ガイナには断熱効果があるので結露の発生をおさえることができます。

・耐久効果
紫外線によって劣化してしまう外壁…。
ですが紫外線に対してもっとも強いセラミックを多層化したガイナは、通常の塗料の2-3倍の耐久性を持ち、さらに、断熱・遮熱性能により建物の膨張・収縮を最小限におさえることができます。

・高い安全性
水性であるガイナは、有機溶剤などの危険物を使用しません。
また、「内装用ガイナ」は、室内空気環境の安全性を示す「F☆☆☆☆(フォースター/四つ星)」を取得しているので安心です。
外装に使う「外装用ガイナ」は、毒性が問題になっているアルデヒド類や揮発(きはつ)性有機化合物などは含まず「F☆☆☆☆(フォースター)」と同様の安全さを持っています。

・不燃性
不燃性能に関して政令で定める技術水準に適合する建築材料には、不燃材料、準不燃材料、難燃材料の3ランクがあります。
ガイナは、その最上位にあたる不燃材料として国土交通省大臣から認定を受けています。

上記の特徴はこちらのページで図解付きでわかりやすく紹介しております。ガイナのたくさんの特徴をぜひご覧ください!

ガイナは様々な機能があり耐久性にも富んでいるので価格が高いというデメリットもあります。
ですがエアコン代などの節約につながり、トータルコストをおさえることができます。
省エネで騒音を気にせず、安全で快適な我が家で暮らせるなんてステキですね。


最後に…

DSC_0092

外壁塗装の塗料でおすすめの塗料をご紹介しましたがいかがでしたか?
どんなに高性能な塗料でも建物の状態や、地域の環境にあったものでないとその効果を発揮できません。
シャインでは塗料と施工に関する知識はもちろん、地域の特性と、実践する技術力の高い自社職人のみで塗装工事を行っております。
お客様のお住まいに合わせたご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談くださいね!


(有)シャインでは千葉県柏市を中心に、北はつくば市や土浦市、西は墨田区、南は千葉市や市原市、東は成田市や富里市など、複数の地域からご相談はもちろん、外壁塗装や屋根リフォームに関する工事依頼を頂いております。