柏市|外壁塗装・屋根塗装 [W様邸5日目]

柏市W様邸の外壁・屋根塗装工事5日目です!

本日は屋根塗装を開始いたしました。



前日までに下処理を終えて、屋根の塗装を開始です!

下塗りを行う前に浸透性下地強化シーラーを塗布していきます。

DSC01895

スレート材に吸わせて、下地ごと強化する 役目があります。 
DSC01898

吸い込みが激しい場合には、もう一度 塗り重ねて濡れ感がでるまで塗布します。(メーカー指定)
DSC01896

シーラーを塗布した後にタスペーサー(縁切り材)を入れていきます。
DSC01899

タスペーサーは塗替え後の毛細管現象による雨漏りを 防ぐためのものです。
DSC01900

本来、屋根材表面には雨水排出や通気性の確保を目的とした隙間が必要です。
DSC01901

また、挿入後は目立たず、美観を損ないません。
その隙間を塗料で塞いでしまっては雨水の逃げ場が無くなり屋根裏面に雨水が浸透する恐れがあります。

タスペーサーを入れることによってその雨水排水の隙間を確保することが出来ます。

屋根を塗り替える際にはタスペーサーを入れることをシャインではお薦めしています。
DSC01902

タスペーサー挿入を完了し、下塗り開始です!
DSC01905

ムラが無いよう適正料を塗布していきます。
DSC01906