外壁、屋根下塗りには何を使うのか! 取手市 本郷

こんにちは臼倉(うすくら)です。
本日は取手市本郷のE様邸の外壁と屋根の下塗りに使われた塗料を紹介したいと思います。
下塗り材は多数存在しておりその中で家の状態、上塗りとの密着などを判断し、適正な下塗りを選ぶことにより塗料の寿命を確保する事が出来ます。

DSCF0406
屋根の下塗りになります。
上塗りにはサーモアイSiが採用される為、専用のシーラーであるサーモアイシーラーが塗られています。
サーモアイSiには遮熱効果があり、シーラーにもその効果を持たせることで従来の塗料に比べ遮熱効果を向上させることが出来た塗料となります。

DSCF0415
外壁の下塗りになります。
上塗りにはダイヤモンドコートが採用されます。
下塗りにはパーフェクトフィラーが採用されており、モルタルが使われている外壁には適した塗料となります。

最後までご覧いただきありがとうございます。
新人施工管理の臼倉(ウスクラ)がお届けしました。本日は茨城県取手市本郷E様邸の外壁、屋根下塗り塗装報告でした。
引き続き作業工程を順次報告していきたいと思います。

外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ブログを見た!」とお伝えください。