サイディングとモルタルは定期的な塗り替えが必要! 豆知識2!

こんにちは臼倉(うすくら)です。
本日は住宅の外壁材について紹介致します。
住宅の外壁材は大きく分けて「サイディング」と「モルタル」の2種類に分けることが出来ます。
そのほかにも「ALC」などもありますが、ここでは置いておきましょう。

サイディングはセメント原料をプレスして加工したものなので、塗料による保護がないと水分が浸透してしまい、劣化の進行が早くなってしまいます。
サイディングは初期段階(製品段階)ですでに塗装済みなので気づきにくいですが、定期的に塗装で塗り替えていく必要があります。
また、サイディングボードの間にはコーキングというものがおり、そちらも劣化してしまうので定期邸にメンテナンスが必要です。


塗装が紫外線の影響で劣化し、白い粉になるのが「白亜化」または「チョーキング」と呼ばれる現象です。
手で塗装面を触って白い粉が付いたら塗り替え時のサインと言われております。
しかし、リフォームは一部分だけをみて判断するのではなく全体をみて塗装方法も合わせて判断することが重要です。
大きな劣化も無い場合は高圧洗浄で洗浄し、上塗りを行うだけで経済的に済むケースもありますが、弊社では施工時期を早めることはせず、的確な施工時期を伝えさせていただいたうえで数年後施工させて頂いております。

外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ブログを見た!」とお伝えください。

豆知識その1