サイディング目地の交換の時期はいつ? 外壁塗装 コーキング

こんにちは臼倉(うすくら)です。
本日はお客様からの疑問などを解決していくコーナー
その名も「シャインお客様相談室」を定期的に開いていきたいと思います。

今回は初回という事もあり、コーキングの寿命について説明していきましょう。
一般的なコーキングの寿命は10年前後と言われております。
お家の目地の状態を見て、凝集破断や界面剥離といった症状が見られていたら、それは打ち替えの時期を表しているサインと言えます。

DSC037451
こちらは界面剥離が起きているコーキングになります。
コーキングを盛りつける際にプライマー不足が原因だと思われます。
そしてお家は日々動いていますので、揺れに追従出来ないとこういった現象をみ
外壁の状態が良好でも目地が痛んでるケースもあり、こういった場合は一度コーキングを取り除き、新しく打ち込んでいく必要があります。

DSC08638
こちらの写真が凝集破断が見られるコーキングになります。
凝集破断は主に経年劣化が原因でこういった現象がみられます。
こうなってしまってはシーリング本来の機能が失っていると言えるので、弊社では打ち替えをお勧めしております。

もちろんこういった現象が見られず、コーキングの状態が良好な場合はコーキングの厚みが5mm以上確保できるのであれば増し打ちをお勧めいたします。

もしお家の状態が気になるようでしたら一度ご相談ください!
些細なことで構いませんのでお気軽にお問い合わせください。


外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ブログを見た!」とお伝えください。